建築設計の手順・設計料について

hitomachi_icon 設計の進め方

1.建物に関する相談の受付

新しく建物を建てたいとお考えの方、建物のリフォームをお考えの方、また現在のお住まいに問題を抱えておられる方など、様々なご相談について承ります。ご相談の段階では費用はいただいておりません。疑問に思っていること、お悩みのことなどお気軽にご相談下さい。私たちは、お客様とのコミュニケーションを大切にしたいと考えています。

2.ファーストプランの作成

まずは、建物に対するご要望、ご予算、土地をお持ちの場合は土地について、またリフォームの場合は現在お持ちの建物について、ヒアリングをさせていただきます。ヒアリングをさせていただいたうえで、こちらで諸条件について検討し、ラフプランを作成させていただきます。ラフプランの作成までは無料で行わせていただきます。
建物づくりには時間と労力がかかります。ですから、お客様と我々、お互いの信頼関係が大切になります。ラフプランを気に入っていただき、また、私たちと一緒に建物づくりをしたいと思っていただいた場合、設計監理契約を結ばせていただきたいと思います。

3.基本設計

設計監理契約を結ばせていただいた後、基本設計を行います。
基本設計では、ラフプランをもとに、お客さまとの詳細な打ち合わせを行いながら、諸条件の検討、構造や設備の基本的な考え方をまとめていきます。模型など作りながら、お客様のご要望に添える基本的なプランが固まるまで基本設計を行います。

〈基本設計完了時にお渡しする図面〉
・平面図
・断面図
・立面図
・仕上表
・工事費概算書等

4.実施設計

基本設計をもとに、お客様と細かな点について打ち合わせを行いながら、工事に必要な詳細図を作成します。

〈実施設計完了時にお渡しする図面〉
・仕様書
・仕上表
・配置図
・平面図
・断面図
・立面図
・天井伏図
・平面詳細図
・断面詳細図
・展開図
・建具表
・部分詳細図
・構造図一式
・設備図一式

5.許認可申請

基本設計、実施設計の期間中に、条例や建築基準法、消防法等に基づいた事前協議を行います。また、実施設計完了時に確認申請等の申請業務を行います。

6.施工者の選定

通常、数社の施工業者に見積もりを依頼し、提出された見積もりの内容をチェックします。見積もりの精度や、見積もり金額をもって、お客様と相談の上、施工業者を決定します。ご予算と見積もり金額にひらきがある場合には、ご予算内に収まるよう、施工業者との交渉および設計内容の変更を行います。設計内容に変更のある場合は見積もり用の図面を修正し、工事契約に必要な図面を整えます。
また、施工業者をお探しの場合もご相談に乗らせていただきます。
施工業者が決まりましたら、お客様と施工業者において工事契約を結んでいただきます。契約時には私どもが立ち会いをさせていただきます。

7.工事監理

概ね週に一度程度、工事現場に出向き、工事が図面通りに行われているかをチェックします。施工業者から図面について質疑があった場合には迅速に対応します。この段階でのお客様とのお打ち合わせにおいては、外部や内部の色決めや材料の決定をさせていただきます。
工事完了時には、官公庁および確認検査機構の検査が行われます。その際、私どもが立ち会いをさせていただきます。また、施工業者からお客様へ建物の引き渡しの前に、お客様立ち会いのもと完了検査を行います。検査の結果、不具合がある場合には、お客様および施工者と相談の上、どのように手直し工事を行うか決定いたします。

8.アフターケア

木造の場合は竣工から1年経過した時点で、施工者と共に建物の検査に伺い、建物に不具合が出ていないか、お客様に確認させていただきます。また、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の場合には竣工から1年経過した時点で1年目検査を、2年経過した時点で2年目検査を行います。
これでお客様とのお付き合いが終わるわけではありません。建物に不具合が出た場合や、増改築のご相談にも応じさせていただきます。

hitomachi_icon 設計料について

業務内容や、工事規模により設計料は変化します。
住宅の場合、概ね総工事費の10%~13% 程度の報酬をいただきます。

1.建物に関する相談の受付無料
2.ファーストプランの作成無料
↓ 設計監理契約設計監理契約成立時:設計監理業務報酬の10%
3.基本設計基本設計完了時  :設計監理業務報酬の20%
4.実施設計実施設計完了時  :設計監理業務報酬の40%
5.許認可申請
6.施工者の選定
7.工事監理上棟時      :設計監理業務報酬の15%
 竣工時      :設計監理業務報酬の15%
8.アフターケア木造の場合:1年目点検は無料
 鉄骨造、鉄筋コンクリート造の場合:1,2年目点検は無料