ニュース

 

hitomachi_icon 年末のご挨拶(2018)

今年を10個の話題で振り返るつもりが12になってしまったという物語
【超絶長いので注意(笑)】

皆さん、本年も大変お世話になりました。
ときどきサボっていますが、恒例のご挨拶をお送りします。

なんかいつも言ってるけど、いつだって今日と明日はつながっていて、そこに人間が勝手に1年の区切りを与えてるだけ。だから、宇宙規模の大きな目で見れば、今日と明日の特別さなんてのは、例えば6月3日と4日のそれとほとんど違わないのに、なぜか12月31日だけはみんなが一年を振り返るよねえ…(笑)。まあ、それを人類は文化と呼んだりするんだろうけど、実際のところ、人間はこれを区切らずにはいられない動物なんじゃないかと思っている。

2018年はとにかくドタバタと始まったのでした。前年にジーユー計画の後藤祐介さんが亡くなって、それだけでも大変だったのに、神戸まちづくり研究所理事長の野崎隆一さんの黄綬褒章の受章記念のパーティーの事務局を自ら引き受けちゃったので、とにかくドタバタでした。まあ、そんなワケで、本年一番のトピックは、後藤さんの荷物を徹底的に片付けたこと、神戸まちづくり研究所がわが社内に引っ越ししてきたことだったのかも知れません。

まあ、全部読む人はそんなに沢山いないと思うけど、人間は区切りたい動物らしいので、私も一人前に区切りを描いてみることにします。

─────────────────────────
■1.神戸まちづくり研究所がわが社に
   浅見のまち研作業が増えました

今まで事務局長といいつつも、色々と理事長と事務局にお任せしきっていたものが、事務局長常駐という形になったことで、いろいろとこちらに飛んでくることになり、わが社の事業ではないところで動くことが格段に増えました。そういう意味ではわが社のスタッフの皆さんには、ご苦労をかけたと思っています。みんなどうもすみませんでした。そしてありがとうございました。

とまあ、そんな訳でまち研で引き受けた宮城県山元町の復興ステーションの運営事業や、神戸市の事業・南阿蘇村の事業などにわりときちんと関わることになって、何かと気ぜわしい1年を過ごしました。

■2.ゲストハウス城崎若代さんがオープン
   繁盛しているらしくてうれしいです

わが社の業務としては、設計部門では、春先に城崎で設計・監理をしていた女性専用の「ゲストハウス城崎若代」が竣工したことがメインのトピックですね。

設計の業務って地味な作業が延々と続くことが多く、途中経過をなかなか公表できるものも少なく、竣工した時に大々的に宣伝するくらいしか、ご紹介することができませんが、なにかと日々の雑事に忙しく、皆さんにお知らせする機会を逃していました…。

まあ、それでも若代さんは、運営している姉妹の魅力によるものでしょう。なかなか順調に業績を伸ばしているようで、設計者としてもうれしい限りです。女性専用ですが、ものすごく居心地のよいお宿ですので、ぜひ皆さんご利用くださいますよう。

■3.溝呂木さん本格参入により受注増が可能に
   設計業務を迷いなく引き受けられます

数年前から、業務を手伝ってもらっていた溝呂木さんをほぼ常勤の正社員としてお迎えし、設計業務を中心に地域づくり関連のお仕事など、会社内外の様々な業務に参画してもらっています。

上記「ゲストハウス城崎若代」さんも溝呂木さんの担当でして、もう既にわが社の屋台骨を支える存在となっています。地域づくりの仕事や復興支援にも意欲的に関わってくれているので、今後が楽しみです。

彼女の参画のおかげで、設計業務を積極的に引き受けることができるようになり、城崎の新築店舗・長田の住宅・京都の町家など(なかなか苦労も多いけど)やりがいのある事業が進行中です。

■4.市民ワークショップ運営の業務委託が多かった
   ワークショップのやり方を再考する機会に

地域づくり部門では、今年は「業務のうち市民ワークショップの部分をお願いしたい」という業務がたくさん舞い込みました。いずれも他社のお手伝いですが、養父市・大津市・芦屋市などでワークショップの進行役を担当させていただいています。

市民ワークショップを運営するということは、議論の方向性を議論するということでもあり、委託くださった会社のご好意もあって、業務にがっつり関わらせていただきました。

おかげさまで、あらためて「市民ワークショップ」とはどんなものか、そこでは何が大切なのかをゼロから学ぶ機会を得ることができました。(この話は、し始めると長くなるので、また別のところで)

■5.地域コミュニティのあり方について熟考中
   全国どこでも真剣に悩むべき課題ですよね…

また、神戸市北区のニュータウンのまちづくりなどに関わらせていただき、地域コミュニティはこれからどうなっていくのか、いかにあるべきかについて深く考える機会をいただきました。

人口減少社会にあって、地域が強か(シタタカ)でかつ健か(シタタカ)に生き延びるためにはどんな方法があり得るか。自立的(ジリツテキ)で自律的(ジリツテキ)な地域運営を手に入れるにはどうしたらいいか。いや、ちょっとまて、そもそも地域はシタタカであらねばならぬのか、ジリツテキに存続されねばならないのか…。

なんてことを深く深く考え続けなきゃいけないことになっています。実はこの話、全国どの地域でも問題になっている、あるいは問題になるはずのことなので、ここらでちゃんと考えたい。(この話も、し始めると長くなるので、また別のところで)

■6.山岸さんの努力により業務の幅が拡大
   地域まちづくりとか防災WSとかアンケートとか

地域まちづくりの会合・防災計画づくりのワークショップや、特に行政から委託されるアンケートの作成・回収・集計等の業務では、わが社の山岸さんが中心になって業務を回してくれています。あと、ワークショップデザインもがっつり担当してくれてます。

もちろん、5年前の入社時から有能なスタッフでしたので、成長したというのも失礼ですが、最近、浅見が忙しいこともあって仕事を振りまくっており、業務をお任せすることが格段に増えました。そんなこんなですっかりわが社の中心メンバーとして屋台骨を支えてくれる存在となっています。

ウェブアンケートの業務なんて、わが社で引き受けることになるとは思わなかったけど、やってみたらなんとかなるもので…。今や得意分野といっても過言ではありません。各所からのご発注をお待ちしております。

■7.講演・講義の業務は浅見ががんばり中
   浅見の代わりに講演に行ける人がほしいです(笑

講義・講演の機会もたくさんいただきました。合意形成論や、ファシリテーション講座、地域の担い手の育て方講座、まちづくり講座など、最近は大きなホールでたくさんの人を相手にすることも増えてきましたが、私の本領は「考えてみる・やってみる型」の授業にあると思っています。そのことを忘れずに、できたら参加型の講座を続けていけたらいいなあと思っています。

参加型の講座・セミナーは、企画の段階からお手伝いできますのでご相談ください。

あ、あと、今年は摂南大で倫理の授業の他に、設計演習をやらせてもらって楽しかったです。暮には横浜市大でも講義をさせていただきました。マジメな学生さんが多くこれもとても楽しかったなあ。学校での授業のお仕事は楽しいので、無理のない範囲でお引き受けしたいと思っています。

■8.岡山に被災地支援に行き始めました
   熊本・宮城への支援活動も継続中

被災地支援の活動として、南阿蘇村にときどき通いつつ(なんと今年も南阿蘇村長野の神楽を見に行くことができました。毎年見たくなる人の気持ちはすごくよく分かります)宮城県にもぽつぽつと通っています。

それに加え、横浜市立大学の石川先生のご紹介により、岡山県倉敷・総社の皆さんにつながり、住宅の改修相談に乗るという活動をしています。これまでの被災地でのまちづくり支援活動では、直接建築設計の職能を役立てる場面はあまりなかったのですが、水害に遭った建物をどのように復旧したらよいかという相談を受けてみて、この職能が被災地にはとても求められることを実感したところです。溝呂木さんが積極的にこの件にかかわってくれています。

■9.地域の事業の支援を始めました
   新温泉町春来とたつの市で展開中

兵庫県の地域再生大作戦には、もう10年以上関わらせていただいていますが、新温泉町春来のお蕎麦屋さん「てっぺん」の支援を始めました。このお蕎麦屋さんは、20年前に、地域の維持を目指して、地域の皆が出資して始めた蕎麦屋さんで、以来赤字を出さず、近年では最低賃金をきちんと払い続けているという、地域づくり界隈では超優良な事例。それでも将来的にお店を維持できるか心配で、組織の法人化を検討中。まずはわが社で勉強会をプロデュース中です。

たつの市では、撤退したスーパーの跡施設でコミュニティカフェを始めようという皆さんのお手伝い。最終的には地域が運営するスーパーができないかと奮闘中。地域の皆さんにやる気が溢れているので、なんとかうまく事業化できないかと思っています。

■10.玉城町で楽しいプロジェクトに参加
   模型つくったりアプリ作ったり楽しかった

地域をいかに維持していくかという視点については、池山先生のお誘いで三重県玉城町に通い始めたことは視野を広げてくれました。皇學館大学の池山先生と学生さん、鳥羽商船高専の中井先生とそこの学生さんたち、聖隷クリストファー大学の伊藤先生(みんな学校名が強そうです(笑))に出会えたのは本当にありがたい経験でした。

地域の模型をつくり、模型へのプロジェクションマッピングの可能性を開拓し、地域の皆さんとまちあるきをし、地域を知るためのアプリをつくって地域の人たちとプレイする。聞いただけで楽しそうでしょ(笑)あ、この話は2月に池山先生に話をしてもらうので、あさみスタジモを忘れないように(笑

■11.健康・保健とまちづくりという視点を得た
   これは近年にない大発見だったかも

で、しかも収穫はこれだけじゃなくて、伊藤先生と池山先生との対話の中で、いかに保健師さんがまちづくりに近いところにいるかといことを知り「健康・保健とまちづくり」は近接している。というか、まったくもって被っていることを発見したのです。

私のような建築・都市系のまちづくり専門家は特にそうですが、役所のコミュニティ支援課とかまちづくり課の職員も同様に、健康・保健・福祉分野が地域とどう関わっているか、あるいは関わろうとしているかについては知らないことが多すぎるようです。

20年モノ・30年モノの保健師さんが地域のコミュニティをガッツリ把握していたりするように、健康・保健・福祉の分野では、「まちづくり」なんていい出す前から、地域やコミュニティを先行して研究し続けています。「まちづくり」がこれらの知見と交わらないで良いはずがないと遅まきながら確信を得ました。(そういえば、最近山崎亮さんもそんな話をしてくださったことを思い出し、山崎さんてすげーな。と改めて思ったことはとりあえずヒミツにしときます)

■番外.やっぱり健康の話

個人的な事情ですが、友人が白血病にかかって入院し闘病生活をすることになりました。8月に見舞いに行った病室で「病気快癒のための願掛けに」と勢いで禁煙を決めたらば、これまでなかなか続かなかったのに、なぜか何となく続いています。(友人は快癒し、この暮に退院して、現在は静養中ですが、毎日すごくよくなっているみたいです)

それから、実は9月にあった埼玉での中学校の時の同窓会で、これも勢いで6月に長野県で行われるハーフマラソンに出場することを決めてしまったので、ちょっとこの身体をなんとかしないといけません。今さら健康ガーとか言い出すのもナンですが、もう少し長く社会の課題と向き合っていたいので、ちょっと本気で自分の健康について配慮します。

─────────────────────────

やっぱりすごく長くなったよ。

今年は息をつく暇もないくらい本当に忙しく動きました。

一昨年、もう動けないと思うぐらい働いて、これ以上は無理と思って、去年は少しペースを落としたのですが、今年は一昨年以上でした。ということで、きっとまだまだいけるんじゃないですかね(笑)
いや、既に述べたように、無理をする気はないので大丈夫。とはいってもお仕事がないと生きていけないので、皆さん、お仕事のご相談はご遠慮なくお願いしますね。

皆さんお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

人・まち・住まい研究所
代表社員 浅見雅之


 

hitomachi_icon 20180713春来地区

新温泉町春来地区は、ちょっと高いところにあります。
区民が出資をして「てっぺん」というお蕎麦屋さんを経営している地域です。

昨年、地域再生アドバイザー事業で春来地区に通うことになり、「てっぺん」を核としたむらづくりを見直す作業を一年間お手伝いしてきました。
今年度は、てっぺんの経営母体である「そば生産組合」と「営農組合」を統合し法人化することを視野に入れたお手伝いをしています。

会合が終わった後も、春来区の今後をアツく語る区長さん副区長さんのお話に引き込まれ、帰宅は25時をまわりました(車でだいたい3時間弱の道のりなもので…)が、我が社もアツくお手伝いをしていきたいと思っています。


 

hitomachi_icon 20180707西宮浜まちづくりワークショップ

大雨によるあちこちの水害…たいへんな事になっている方々がたくさん出てしまいましたね。これ以上被害が広がらないことを祈っています。

7月7日、雨の降る中でしたが、西宮浜公民館にて「まちづくり楽校」ワークショップが開催され、講師として浅見が話し合いのコーディネートをしてきました。
40人を超える参加者!
西宮浜のみなさんのまちへの関心の高さが伺えますね。

前半は、浅見から「まちづくり」や「人口減少社会」や「参画と協働」などについての講義。
西宮浜の人口動態については、ちょっとショッキングなお話も…。
どこのまちもこれから人口が減っていくことは明白であるとはいえ、西宮浜の今後の人口予測では、次世代を担う子どもが増えていかない現実が顕著に現れているというお話をお伝えしました。

後半は、ポストイットを使いながら、講義を聞いた感想などを各テーブルで共有する作業をしました。

人口予測の話のインパクトが強かったのか、これから先の不安や悩みがたくさん出されましたが、一方で「新しい地縁社会が必要」という意見や「楽しむ人が多いとまちづくりが進むという話が印象的でした」という声も。

これから先も地域のみなさんが西宮浜で暮らし続けていくためには、地域の困りごとや悩み事を解決することも大事ですし、地域のみなさんが「自分ごと」として西宮浜の未来を考えていくことも大事なのではないかなと思います。
これから先の未来に必要なのは「人口が減っても幸せだと思える社会」
このパラダイムシフトを実現するためには、どう考えたらいいのか、どのようなことが必要なのか…地域の皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

西宮浜のまちづくり楽校は、今後も続く予定です。
我が社も全力で伴走します。


 

hitomachi_icon 20180603新装開店

この6月から、お隣の部屋に「NPO法人神戸まちづくり研究所」の事務所が引越してきました。
それに合わせて会社内の改装も開始。
1ヶ月近く社員総出で社内片付け作業に取り組み、やっとなんとか形になりました。
何をどこにおいたらいいかなど、こまごましたことはまだまだ調整が必要ですが、ひとまずモノが収まったかなという状況です。

まち研から不要になったデスクと椅子を貰い受け、デスクが4つになりました。
これで同時に4人が作業できる環境が整ったので、アルバイトやインターンの受入が発生してもスペース的に楽になるかなー
今まで二部屋に分かれて置かれていた本が一同に介し、背表紙を眺めるのもなかなか楽しい感じです♪

怒涛の引っ越し月間だった5月が終わり、さて今月からは落ち着いて業務に取り組みます。


 

hitomachi_icon 0304 福崎町自治会ワークショップ

3/4 兵庫県神崎郡福崎町

福崎町さんのご依頼により自治会ワークショップ。

福崎町では、自律的で自立的な地域活動を推進する目的で、地域の自治会の活動助成をする「自律(立)のまちづくり交付金事業」を行なっており、この事業は1期3年が終わり、2期目に入り、トータルでは4年目を迎えています。

この交付金は、持続的な地域運営のために使ってもらおうというのが町のねらい。通常の自治会活動は普通にやってもらい、自律・自立的な地域運営を目指す活動については町で支援しようというもの。しかし、当初はなかなかこの目標が地域の皆さんに理解されず、お祭りなどの通常の自治会運営にお金が使われることも多かったようです。

事業も2期目に入り、ここらでもう一度地域と役場の役割分担を見直し、各自治会に交付金をより有効に使っていただくためのマインドセットを手に入れていただきたいというのが役場のお考えでした。

そこで、こちらからは、地域の自立がなぜ求められているのか?役場と地域の関係はいかにあるべきか?を皆さんで考えましょうという「ミニレクチャー×ワークショップ」をご提案し、企画・運営を担当させていただきました。

地域の自立をいかにデザインしていくかを皆さんに考えていただく2時間半。なかなか刺激的なワークショップになりました。

印象的だったのは「私達の地域は、都会とは違って、地域のみなさんの献身的な努力により地域の草刈りや清掃、お祭りの運営が成り立っているのだから、ことさらに自立と言われなくても…そんなことはできているんだ!」とおっしゃった方のご発言。

まさにそうですよね。都会には消防団もないし、ボランタリーな活動によって地域を支える仕組みは失われつつあるように見えます。しかし、田舎では自治会加入率はほぼ100%だし、地域の運営は上手にできているように見えます。

ただ、これから地域の人口が減っていき、もしかしたら役場の力も小さくなる中で、役場と地域の関係や、地域運営の担い手をどうしていくかを考えることは、無駄ではない、むしろ重要なこと。

私としては、社会が大きく変化していく時代を迎えるためのマインドセットを、もっとより多くの人たちに身につけていただきたいと思っています。

最後には、これから私達の地域はこんなことをしていきます宣言。

どの地域でも、若い人たちの地域活動への参加が少なくなっていることを問題に思っており、地域のつながりをどうしたらもっと強固なものにできるかという点で悩んでいます。

ここを上手に解決するのは相当難しい問題が残っていそうですが、地域運営を考えるこうした会合にお父さんしか出てきていない現状からなんとかできるといいなあと心から思います。

「息子や娘が帰って来れる地域にしたい」と宣言された地区があって、なるほどそれが本質かもしれない。と強く思いました。

あ、あと、ホールがめっちゃいいホールでした。エルデホール。音楽用ホールなのだけど、照明やプロジェクター、音響がバッチリで、声もよく通るし、ワークショップにもすごくよいホールなのではないかと。オススメです!


 

hitomachi_icon 0303 気仙沼大島架橋をみてきた

3/3 気仙沼市

N商店さんの件で、気仙沼本吉消防本部をたずねて、変更確認申請について協議。建築設計のお仕事はこれにて終了。

実は、気仙沼でお世話になっている吉野さんから、大島架橋の橋とクレーンが届いていて、これから吊り上げる予定だとお聞きしました。そんなすごいもの、見に行かなきゃということで、橋の届いてる岸壁まで行ってみたら、何がなんだか分からないくらい大きかった。

で、どこに架かるのかをちゃんと見たくなって、大島架橋の根本のところまで行ってみました。

対岸からみてもやっぱり大きいです。
「いや、すごいわ」以外の言葉が出てきません(笑


 

hitomachi_icon 0302 気仙沼N商店さん配筋検査

3/2 気仙沼市唐桑町

気仙沼N商店さんの工事の打合せと配筋検査をしに来ました。配筋の施工状況は良好。工務店さんはよく頑張ってくれてるようです。

設備工事業者さん達と、エアコンの設置方法や、照明器具の配置や配線の方法などを打合せて終了。

増築計画変更の確認申請がこちらの消防に届くので、消防の支所に確認検査機関に預けている図面と同じものをを持って、なるべく早く確認を下ろしてもらえるように協議をして来ました。

明日は本庁にも協議に出かけます。


 

hitomachi_icon 0301 気仙沼N商店さん確認申請

3/1 神戸市中央区

熊本を朝出発したのだけど、新幹線が遅れてしまったので慌てて神戸市役所近くの確認検査機関へと飛び込み確認申請書類の訂正を行ないました。

今回は増築計画変更の確認申請で、当初に確認がおりたものは、すでに工事が始まっています。

あらかた電話で協議済みだったので、いくつかの修正をしてハンコを押しておしまい。お昼ご飯を食べに出ようとする担当の方を呼び止めて確認してもらい、とりあえず一件落着。まあ、しかし、確認申請には時間がかかります。

これから書類は気仙沼の消防に回ります。これから気仙沼に向かうので、消防の皆さんにも早く消防同意をいただけるように念押しをしてこなきゃ。

しかし今回のN商店さん。構造の指摘事項が全くないままに進んでいるのだけど。大丈夫なのかなあ?(大丈夫です!)


 

hitomachi_icon 0228 熊本支援プロジェクト講演

2/28 熊本県熊本市

ジャパンプラットフォーム(JPF)が、地域創造基金さなぶりに委託して開催している熊本の復興支援プロジェクト「熊本を支える地元団体向け 復興経験と知見をつなげる助成&研修事業」では「熊本開催の研修事と復興先進地への派遣研修を助成」するという2つのプログラムを実施中です。

私は今回、さなぶりさんからのご依頼で、熊本における現地研修として「まちづくりへの参加のデザイン」ということでお題をいただき、1時間半の講演をしてきました。

地域づくりの主体は誰なのか、それはどのように行われるべきなのか、自治会長さんのマインドセットはいかにあるべきか、役所職員はどう動くべきか。という話や、地域づくりワークショップとはどんな概念か、会議をよくしていくための工夫などについてお話をしてきました。

たくさんの質問もでて、楽しい話だったと言われて編集長的にはご満悦。

「あさみさんの、人をひきつける柔らかな口調は天賦の才能ですね」って言われて、うれしいような…。いやいや、私はこれを誰にでもできる技術としてお伝えしてるんだけどな…という複雑な気持ち。まあ、ほめられるのは誰だってうれしいのよ。

私の後の講義が、いわて連携復興センターの鹿野さんの「連携と協働で支える地域づくり」で、鹿野さんに講演を聞かれていたのでちょっと緊張しましたよん。
鹿野さんの話も聞かせてもらったのですが、話のテーマはほぼ同じ。言い方は違えど、ほぼ同じ話を別の言い方で語っているというものでした(笑)

しかし、そこは東北復興界きっての論客、いわて復興の理論派とも呼ばれる鹿野さんのお話は、実践的かつとても分かりやすいお話でした。私のヨタな話は前座として位置付ければOKだったかと(笑)

夜は、くまもと災害ボランティア団体ネットワーク(KVOAD)の支援団体会議「火の国会議」におじゃましました。熱意ある皆さんのこの週に一度の会合はずっと続いています。そのことに頭が下がります。


 

hitomachi_icon 0227 西播磨地域再生プロジェクトチーム会議

2/27 西播磨県民局

西播磨県民局管内の各市町の地域再生担当の皆さんによるプロジェクトチームの会合で、講演をしてきました。聴衆は各市町のご担当の皆さんなので、行政職員の皆さんです。

基本的にはいつもの人口減少社会の話を、時間がなかったので30分のダイジェスト版にてお送りしました。

変革する社会を生き抜くのには、役場にも地域にも発想の転換とアイデアが必要で、若い皆さんが独自に切り拓かないといけないのよという話。

市町担当者的には、地域活力の向上よりも、移住者獲得の方が興味があるようです。まあ、地道に地域コミュニティのお世話をして、地元住民に小突かれながらも、時に厳しく時に優しくお世話をするよりも、目に見えて成果の上がる移住者獲得の方がやりやすいのはよく分かる。獲得できれば首長にも褒められるだろうしね。

そんな話の中では特に、他府県に移住促進のためのチラシを置いてもらおうと思っても、なかなか置いてもらえないという話が印象的でした。まあ、それはそうだ、基本的には有限の地域住民を取り合ってるに過ぎないものね。

もしできることなら、移住者や迎え入れる地域や役所など、関係する多くの皆さんが幸せな最適解を見つけてもらえたらいいなあ。とおもいます。

おまけ

県民局の建物はなかなかに素敵でしたよ。ユーザーさん達からは、廊下が寒いの暑いのという意見が出てましたけど…(笑)廊下が外気なのです。それはトイレに行くのにコートも必要よね。その不便さを補って余りある空間の豊かさと感じられればよし、感じられなかったら、ちょっと許せない建物だろうなあ…