リフォーム

 

hitomachi_icon 長須旧公民館改修工事_11月14日竣工検査

11月14日(木)、長須旧公民館を紙漉き場へのリフォームする、改修工事の竣工検査を行いました。

長須旧公民館の外観です。

外部はほぼ手をいれていません。
一部、木製建具だった部分を壁で塞ぎ、壁付け換気扇をつけました。また、雨漏りしていたので、瓦を一部葺き替えました。

長須旧公民館の外観

公民館は長須神社の隣にあり、長須の集落を流れる矢田川が見降ろせます。
とてもいいところです。

神社の鳥居

奥にみえるのが矢田川です

もと、和室だった部屋を、紙漉き場にしました。
横長のステンレスシンク(1800×600)を2層設置しました。小さな紙であれば、一度に6人が漉けるサイズです。
紙を漉く際に、床に水をこぼすことから、床は畳を撤去し、畳の厚さ分、FRP防水仕上げにしました。
また、こぼれた水を排水でき、和紙の材料が流れ出るのを止めるため、ステンレスの排水口を設けました。

材料の楮や三椏を叩いたり、作業するための作業場は、床の仕上げをやり替え(長尺塩ビシート)、壁のビニルクロスを張り替えました。
また、作業台を作りました。作業台は、耐水性を考えてメラミンで仕上げました。作業台の下はワゴンが入るようにオープンにしています。

作業台にいろいろ物が乗ってて、すみません…

2階の24帖ある広間は、雨漏りがしていたので、雨漏りを止めるため、瓦を一部葺き替え、天井の下地および仕上げをやり替えました。
また、畳が傷んでいたため、新しい畳を入れました。

とても広いです。い草のよい香りがしました

この2階の広間は、長須や、紙漉き、射添紙について展示ができるギャラリーにできないかと考えています。
現在使われている公民館では、長須の写真の展示や、和紙の展示をしています。芋煮会の際に、これらの展示を、本多さんと福田さんが行ってくれました。これらも旧公民館の紙漉き場にもっていけるといいなと思いました。
また、長須のお家から、いくつか紙漉きの道具が見つかっているので、これらも展示できればよいなと思っています。

今までに作った和紙の展示です

長須の写真の展示です。竹やすだれを使って展示しています

限られた予算のなかで、できるだけの工事を行いました。
工事を請け負っていただいた北村工務店の北村さんには、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

北村工務店の北村さんとパチリ

工事はほぼ完成したものの、予算に限りがあったため、まだまだ、手の入れがいのある建物です。
これから、本多さんを中心に、長須の方にも協力してもらい、紙漉き場らしい、しつらえができればよいなと思っています。

こば


 

hitomachi_icon 長須旧公民館改修工事_10月24日の打合せ

2013年10月24日、長須旧公民館改修工事の現場打合せを、現場監督さんと行いました。

前回の打合せの様子です。
2013年9月4日長須旧公民館改修工事、初打合せ

今回、現場に行くと、1階の「紙漉き場」に給排水管が施工されていました。

床下の給排水管

紙漉き場は、水をこぼすことになりそうなので、床はFRP防水をして、ステンレス製の排水桝(400×400)を設け、上にグレーチング蓋をかけることにしました。

1階の紙漉き場の隣の「広間」。ここでは、漉いた紙を乾かしたり、物を置いたりするスペースにする予定です。
床は板の間ですが、穴があいていたので、補修してもらいました。あくまで、作業場なのでつぎはぎで問題なしです。

補修した後です

また、「広間」には、かつて、隙間だらけの木製建具があったのですが、これは撤去して塞いでしまい、壁付け換気扇をつけることにしました。

内側からみたところ。ボードで塞いで換気扇のフードがついています。

外からみたところ。既存外壁にあわせて、波板を貼ってもらいました

2階は、雨漏りがしているので、瓦および下地を補修してもらいました。
天井も雨漏り部分を補修してもらいました。クロスで仕上げる予定です。

まだ、ボードで塞いだだけです。仕上げはこれからです。

また、2階の24帖の「広間」は、畳をやりかえることにしています。
古い畳は撤去。撤去すると、意外ときれいな板の間でした。このままでもいいかも?っと思いましたが、すでに畳は発注済みとのことで、畳を敷いてもらうことにしました。
この「広間」は、紙漉きを体験しにきた人の休憩スペース、および、ギャラリーにできればよいなと考えています。

2階はかなり広いです。

2階で、おそらく、昔の長須の公民館の写真を発見しました。
昔は茅葺きだったんですね。今は、長須には茅葺きの建物はありません。

茅葺きの小さな建物

その他、クロスや、床の長尺シート、作業台の仕上げなどをサンプルをみながから、本多さん、福田さんと一緒に選びました。

工事は、11月の半ばに完了の予定です。
また、工事の様子をお知らせしたいと思います。

こば


 

hitomachi_icon 丸味で特産品開発が進んでいます

兵庫県香美町村岡区丸味。2013年10月3日に、小規模集落元気作戦の会合が開かれました。

会合の様子です

丸味では、これまで山菜を使った特産品開発について話し合いを続けてきました。
また、料理研究家の方に実際に丸味に来ていただき、実際にみんなでお料理を作ることもしてきました。
わらびを摘んで、乾燥させてみたりもしました。

これまで、様々なアイディアがだされてきましたが、現在は、みょうがのお寿司と、みょうがの佃煮にしぼって、特産品開発を進めることになりました。
みょうがのお寿司は、兵庫県の元気交流会で、たくさんの方に試食していただき、とても評判がよかったものです。

この日も、会合の前に、丸味のお母さん達が集まって、みょうがのお寿司を作っていただき、みんなで試食しました。
みょうがのお寿司は、みょうがを酢漬けしたものを、酢飯のうえにのせたものです。
この日は、お稲荷さんのなかに、みょうがのお寿司を入れた、新しいバージョンのお寿司が登場しました。
いろどりも考えて、水菜が添えられていました。

お稲荷さんバージョンのお寿司も、甘さと酸っぱさが混じり、とてもおいしかったです。
みょうがを酢漬けにしたらきれいな赤になるのですが、そのきれいな赤い色をどうやって保つか、今後、研究を重ねる必要がありそうです。

お料理の研究の一方で、公民館で特産品が作れるよう、公民館の改修設計も進んでいます。
保健所に丸味の方と出向き、みょうがの佃煮とみょうがのお寿司を作って売るにはどのような施設、設備、許可が必要になるのか打ち合わせもしました。
保健所との打ち合わせ、丸味の方との打ち合わせを経て、改修設計の図面も完成しました。
現在、工務店さんに見積りを作ってもらっている段階です。

みょうがのお寿司は本当においしいです。
このお寿司をたくさんの方に食べていただきたいです。
その為の方法を今後も、丸味のみなさんと一緒に考えていきます。

こば


 

hitomachi_icon 長須旧公民館改修工事、初打ち合わせ

2013年9月4日(金)、長須の旧公民館で、工事業者さんとの初打ち合わせを行ないました。

長須の旧公民館は、改修工事を行い、和紙漉き場として生まれ変わる予定です。

これが長須の旧公民館です

公民館は、お宮さんの前にあり、現在は使われていません。

長須のお宮さん

工事期間は約1ヶ月間。
目標として、昔、長須で作られていた和紙、射添紙(いそうし)を復活させ、地域の文化を掘り起こし、和紙漉きを通じて、長須に元気を取り戻すことです。
最初の目標としては、地域の高校、村岡高校の生徒さんに長須に来てもらい、射添紙の紙すきを体験してもらうことを掲げています。
12月10日に、高校生が長須で紙すきをすることになっています。
長須に若い高校生が来ることだけでも、村が活気づきそうです。

これまでの期間、弊社では、旧公民館の実測、図面化をおこない、改修設計を行なってきました。
そして、入札の末、工事業者さんは、村岡長瀬の北村工務店さんに決まりました。

この日は、現場監督さんの北村さんと初めての打ち合わせを行ないました。
北村さんはベテランの監督さんです。オシャレなキャップを被っていらっしゃいました。なんだか憎めない人、素敵な監督さんです。

北村さんです。よろしくお願いします。

長須の区長さんにも打ち合わせに参加してもらいました。

現場で図面をみながら、監督さんと工事の内容を確認しました。
また、いただいていた見積書の内容についても相互に確認しました。
工事の内容としては、
・屋根の雨漏りの補修
・紙すき場への水槽設置、給排水工事。内装工事
・作業場の内装工事。作業台の設置
・2階広間の畳のやりかえ
などです。

12月10日には、村岡高校の高校生に紙すきをしてもらわなくてはならないので、それまでに工事を終わらせ、準備を整える予定です。

また、10月16日には、村岡高校の高校生に、紙すきを行なう前に、一度長須に来てもらい、長須元気村大作戦の取り組み、紙すきについてなど学んでもらう予定です。

こば


 

hitomachi_icon 丸味・長須 公民館改修設計打ち合わせ

9月9日〜10日、1泊2日で兵庫県香美町村岡の丸味と長須に行ってきました。

目的は大きく二つ。
一つは、丸味・長須とも、国の過疎集落等自立再生緊急対策事業の予算がついたため、それぞれ公民館を改修することになりました。

丸味は、現在、地元で採れる山菜などを使って、特産品開発に取り組んでいます。丸味では、その特産品の加工場として、今ある公民館を活用することに決め、保健所の許可がおりるよう、公民館の改修設計を行なっています。今回は、図面ができたため、区長さんを始めとする丸味の方に設計内容の説明に伺いました。丸味では、この図面をもって、17日に保健所へ打ち合わせに行く予定です。

一方、長須では、昔、射添紙という和紙が作られていた歴史があり、この和紙を復活させることに取り組んでいます。長須では、昔使われていた公民館を改修して、紙すき場として使えるよう改修設計を行なっています。こちらも、図面ができた為、区長さんに設計内容を説明しにお伺いしました。

もう一つの目的。2名の学生さんが、弊社のインターンとして、約2週間、地域おこし協力隊の福田さん、集落サポーターの本多さんとともに長須で生活し、集落サポートのお仕事をすることになり、2人を長須へ送り届け、丸味と長須の区長さんに紹介しました。
インターンの学生さんは、奈良女子大学の二石さんと、明石工業高等専門学校の岡田さんです。

神戸を出発して、お昼には村岡へ。
村岡のTAKU TAKUというカフェでお昼ご飯を食べました。なかなか素敵なお店で、お味もよかったです。

この日はエビマヨランチでした

デザートの黒ごまアイスがおいしかったです

丸味で設計打ち合わせをするため、公民館を訪れました。
たまたま、早くついたので、公民館の周りをみていると、たくさんの栃の身の殻が落ちていました。
中身をみつけました。

これが栃の実です。固いです。

もっと栃の身が落ちていないかなと探していると、自生のミョウガを見つけました。なかには花が咲いているものもありました。

これがミョウガの花。かわいらしいです

気が付けば、たくさんミョウガが採れていました。

ミョウガを摘んだのは初めてです

設計打ち合わせを終えると、丸味の区長さんが、村の畑で大根を育て、兵庫県の週末マルシェで販売したいとのことで、集落サポーターの本多さん、インターンの学生さん、私と4人で畑で大根の種まきをしました。

丸味は、人の数より牛の数が多いところ。但馬牛の郷です。
畑に向かう途中で牛さんとこんにちわ。

この子たちは子牛です。私に興味津々な様子

大根を撒くのは、初めてでした。土をちょっと掘って、種を2粒、ちょっと肥料をかけて、土をかける。
10月の末くらいには、大根が収穫できるとのことです。丸味の大根は、昨年いただきましたが、本当に大きくて、本当においしい!皮を剥かずに茹でるのがポイントだそうです。収穫が楽しみです。

種まきした畑です。翌日、足腰すごい筋肉痛でした…

そして、長須のオフィスに寄る前に、長須の区長さんにご挨拶させていただきました。すると、近くの川で採れた鮎をフライにしたものをいただきました。ありがとうございました。

鮎フライ。ホントにおいしかったです

長須のオフィスには、たくさん部屋があるので、学生さんたちもそこで生活してもらいます。
オフィスといっても、1軒家をお借りしているものです。なので、囲炉裏があったりします。
実は、丸味の区長さんから、但馬牛のお肉をいただいたので、しゃぶしゃぶにして、囲炉裏を囲んで食べました。ありがとうございました。

囲炉裏。鍋にちょっと色気がないですね…

初めていただいた丸味のお肉。最高です

翌日は、長須の旧公民館で設計打ち合わせを行い、その後、集落サポーターの本多さん、インターンの二石さん、岡田さんは稲刈りをお手伝いしました。

お揃いの帽子と鎌を準備していただきました

長須は稲刈りが始まったところ。稲刈りは本当に村の大切な仕事です。しばらくは、学生さんたちは稲刈りのお手伝いをすることになるかもしれません。

慣れるまでちょっと大変そうです

浅見さんと私は、ここで失礼して、神戸に帰りました。お土産に、道の駅の駅長さんから、鮎をいただきました。ありがとうございます。

きれいな鮎。塩焼きにしていただきました

丸味・長須とも、これから工事業者さんを決めて、改修工事に取りかかります。

インターンの学生さん、がんばってくださいね。

こば


 

hitomachi_icon 長須旧公民館_紙漉場への改修

兵庫県美方郡香美町長須。

昔から長須で行われていた、和紙づくり、紙漉復活に取り組んでいます。
昭和の中頃まで、「射添紙」が長須ではつくられていましたが、現在ではつくられなくなってしまいました。
少子高齢化、空き家が増加しつつある、長須の活性化のために、「射添紙」を復活に取り組んでいます。

紙を漉ける場所として、長須の旧公民館を改修することになりました。
おそらく昭和30年ごろの建物かと思われます。
もちろん図面はありません。

ということで、6月11日(火)に一日かけて、建物の実測を行いました。
浅見、小林、福田、本多の4人フル稼働です。
建物は2階建なので、1階班と2階班にわかれて実測しました。

実測図、スケッチです。

私のスケッチ。多分、私しか解読不能!

浅見さんのスケッチ。きれい

これをもとに、現況図をこれから作成します。
結構、大変なんですよね、図面おこすの…
でも、久しぶりに設計作業ができて、嬉しいです。

集落サポーターの本多さんがブログに載せてくれました。
紙漉きはじめました・1

こば


 

hitomachi_icon 中古住宅の購入にあたってのご相談にのります

 先日、中古住宅の購入を検討されているお客様から、「購入を考えている中古住宅を、購入する前に見てもらいたい。住宅購入したら、水廻りのリフォームの設計監理をお願いしたい」とのご依頼を受けました。

 実際に、中古住宅、木造2階建て築16年を拝見してきました。外部においては、外壁や基礎の劣化状態。内部においては、見える範囲で(床下点検口をみたり、天井点検口をみたりもします)、軸組の状態、断熱材の有無、結露の状況等見せていただきました。経年劣化はみられましたが、特に大きな問題は見当たりませんでした。

 その後、確認申請書をお借りしたので、拝見しました。すると、確認申請書通りに施工されていない部分があり、構造上の耐力壁が不足していることがわかりました。お客様にはそのことを丁寧にお伝えさせていただきました。

 中古住宅の購入にあたって、「はたしてこの住宅に何千万と払ってよいのかな?」と不安に思われる方が多いのではないかと思います。当たり前ですよね。買ってから、問題が発覚したらなかなか大変です。

 弊社では、ご依頼をいただければ、中古住宅を購入される前に、実際に中古住宅を拝見させていただきます。中古住宅を購入された際のリフォームを弊社に設計監理委託をしていただくことが前提となります。(そうでないと、私たちもやっていけないです‥)
 中古住宅(戸建、マンションを問わず)を購入してリフォーム、リノベーションしたいのだけど、ちょっと不安だなと思われている方はたくさんいらっしゃるのではないかと思います。そのような方がいらっしゃいましたら、購入の前に、弊社に相談していただければと考えております。
お気軽にお声がけください。

こば
 


 

hitomachi_icon 耐震診断・改修に関する講習会に参加しました

7月29日(金)、神戸市すまいの安心支援センター(すまいるネット)主催の耐震診断・改修に関する講習会を受講してきました。

この講習会は、「すまいの専門家が耐震診断・改修に関する基礎的知識を身につけ、市民の良きアドバイザーとして相談に応じられるように」という目的で行われたものです。
木造住宅の耐震診断の方法、および耐震改修の具体的な方法、また、耐震改修に対する行政からの補助金等について学んできました。

実際に、今、築60年になる木造2階建ての住宅のリフォームのお手伝いをさせていただいており、耐震診断結果に即して、耐震改修計画の作成に取り組んでいるところです。神戸市からの耐震改修補助がでるように計画を進めています。

耐震診断、耐震改修に興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、弊社までご連絡いただければご相談に乗らせていただきます。
お気軽にご連絡ください。よろしくお願いします。

こば

2011.08.05


 

hitomachi_icon works に No.4_平磯の家 をアップしました

6月に竣工したO様邸 マンションリフォーム工事の竣工写真をアップしました。
worksを是非ごらんください。

2011.06.17


 

hitomachi_icon O様邸内覧会

6月12日、O様邸の内覧会を行ないました。

雨で足下の悪いなか、同じマンションにお住まいのみなさんや、施主さまのお友達の方などたくさんの方に、ご来場いただきました。
ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。

ご来場いただいた方で、何かご質問、ご相談等ございましたら、是非我が社へご連絡いただければと思います。リフォームをお考えの方にも相談に乗らせていただきます。特に相談料等はいただきませんので、気軽にメール、電話等でご連絡くださいませ。

最後になりましたが、内覧会にご協力いただきました、O様、本当にありがとうございました。O様のご協力で弊社の設計をたくさんの方にみていただく機会ができました。
また、内覧会の後には、施工者さんも交えてのお疲れさま会を開いてくださるお気遣いをありがとうございました。お引っ越しを前に、お忙しいところでしたのに、大変ありがたかったです。
これが最後ではなく、これからもO様とのお付き合いはずっと続いていきます。お住まいになり始めて、もし困ったことや、ご相談などがあればお気軽にお声掛けください。

あさみ

2011.06.13