まちづくり・村づくり

 

hitomachi_icon 0304 福崎町自治会ワークショップ

3/4 兵庫県神崎郡福崎町

福崎町さんのご依頼により自治会ワークショップ。

福崎町では、自律的で自立的な地域活動を推進する目的で、地域の自治会の活動助成をする「自律(立)のまちづくり交付金事業」を行なっており、この事業は1期3年が終わり、2期目に入り、トータルでは4年目を迎えています。

この交付金は、持続的な地域運営のために使ってもらおうというのが町のねらい。通常の自治会活動は普通にやってもらい、自律・自立的な地域運営を目指す活動については町で支援しようというもの。しかし、当初はなかなかこの目標が地域の皆さんに理解されず、お祭りなどの通常の自治会運営にお金が使われることも多かったようです。

事業も2期目に入り、ここらでもう一度地域と役場の役割分担を見直し、各自治会に交付金をより有効に使っていただくためのマインドセットを手に入れていただきたいというのが役場のお考えでした。

そこで、こちらからは、地域の自立がなぜ求められているのか?役場と地域の関係はいかにあるべきか?を皆さんで考えましょうという「ミニレクチャー×ワークショップ」をご提案し、企画・運営を担当させていただきました。

地域の自立をいかにデザインしていくかを皆さんに考えていただく2時間半。なかなか刺激的なワークショップになりました。

印象的だったのは「私達の地域は、都会とは違って、地域のみなさんの献身的な努力により地域の草刈りや清掃、お祭りの運営が成り立っているのだから、ことさらに自立と言われなくても…そんなことはできているんだ!」とおっしゃった方のご発言。

まさにそうですよね。都会には消防団もないし、ボランタリーな活動によって地域を支える仕組みは失われつつあるように見えます。しかし、田舎では自治会加入率はほぼ100%だし、地域の運営は上手にできているように見えます。

ただ、これから地域の人口が減っていき、もしかしたら役場の力も小さくなる中で、役場と地域の関係や、地域運営の担い手をどうしていくかを考えることは、無駄ではない、むしろ重要なこと。

私としては、社会が大きく変化していく時代を迎えるためのマインドセットを、もっとより多くの人たちに身につけていただきたいと思っています。

最後には、これから私達の地域はこんなことをしていきます宣言。

どの地域でも、若い人たちの地域活動への参加が少なくなっていることを問題に思っており、地域のつながりをどうしたらもっと強固なものにできるかという点で悩んでいます。

ここを上手に解決するのは相当難しい問題が残っていそうですが、地域運営を考えるこうした会合にお父さんしか出てきていない現状からなんとかできるといいなあと心から思います。

「息子や娘が帰って来れる地域にしたい」と宣言された地区があって、なるほどそれが本質かもしれない。と強く思いました。

あ、あと、ホールがめっちゃいいホールでした。エルデホール。音楽用ホールなのだけど、照明やプロジェクター、音響がバッチリで、声もよく通るし、ワークショップにもすごくよいホールなのではないかと。オススメです!


 

hitomachi_icon 0225 春来地区の地域づくり(1)

2/25 新温泉町春来地区

春来は「そば処 てっぺん」で知られる地域です。

実は地域の全戸が出資して経営しているこのお蕎麦やさんは、とても優秀な成績で運営されていて、これまで赤字を出したことはなく、従業員は最低賃金制度水準よりも高い時給で働いているという、地域おこしのスター選手ともいうべき存在です。

地域で運営していることなんて、知らない方も多いかもしれませんよね。

その皆さんが、少子高齢化が進む村の将来を案じて、村の将来像を描いて、実行してみようという取り組みを始めました。兵庫県の地域再生大作戦・集落再生支援事業の取り組みです。

以前から、春来のお蕎麦は何度もいただいてますし、地域の皆さんで頑張っておられる姿も拝見していたので、春来のアドバイザーを依頼された時は、二つ返事でお引き受けさせていただきました。

皆さんとは、まず地域課題の洗い出しから始めることにしました。お蕎麦も大事だかそれだけではないこと。お蕎麦屋さんとしては何か新しい取り組みが必要と考えていること。地域の若い人たちにもっと地域にコミットしてもらうための方策を真剣に考えないとこの先が難しいことなどについて話合いました。

これから少しずつ皆さんの元に通って、将来に希望の持てる、皆さんが地域でニコニコ暮らせる環境が作れるよう、お手伝いをして行きます。

公民館の前はまだまだ結構な雪が残ってました。
春来に春が来るのはもう少し先かしら?


 

hitomachi_icon 0224 芦原資料館の計画(1)

2/24 西宮市芦原地区

旧小学校校舎内に、地域の資料館を作ろうというプロジェクトのお手伝いをしています。地域の委員さんたちと「どんな資料館にしたいのか?」という話をする過程で「資料館づくりは地域づくり」なのではないかという話の流れになってきました。

地域の歴史・文化を子供達に伝え、来たら元気が出る、地域の誇りを感じられる資料館にして行きたい。そのためには、この場所が地域のみんなが集まるコミュニティの核になるようなものにしたいとのこと。

地域が同和地区である歴史をどう取り扱うかについても、色々と議論をしました。皆さんに様々な思いがあるので、これを1つにまとめて行くのはとても難しいと思うのだけど、とても楽しくなりそうなお仕事だなと。

皆さんで、わが社で計画・設計を担当した、西宮市山口町船坂の「舟坂展示室」の見学もしていただきました。

完成しない資料館のコンセプトは、芦原の皆さんにもとてもウケたみたいで、自分たちも慌てずじっくりと資料館づくりに取り組みたいと、皆さんがおっしゃっていたのが印象的でした。

夜は地域の皆さんとの懇親会。
地域の小学校の歴代の校長先生3人に囲まれて、地域の昔話や、将来のことについて語り合いました。地域の皆さんとも色々と話ができて、たった1日でずいぶんと仲良くなれたかもです。

こうやって濃いお付き合いの中から、ビジョンや計画が生まれて行くのよな。新しい出会いに感謝しつつ、ちょっと飲み過ぎた点を反省中です。


 

hitomachi_icon 0223 有野台を考える会会合(22)

2/23 神戸市北区有野台

今日はニュータウン再生プロジェクト、有野台での会合でした。ニュータウン再生のモデル団地として、北区では有野台をモデルに、ニュータウンの将来づくりの取り組みをしています。

もう2年にわたるおつきあい。だいぶ気心の知れた皆さんとの会合は今日で22回を迎えています。

今日は、来年度の活動計画と、1月末に行った「有野台の小学校のあり方を考える勉強会」の結果の共有と今後の進め方について相談し、3月に初めて行うフリーマーケット企画「ありの台マルシェ」の開催について話合いました。

「ありの台マルシェ」3月26日。
みなさんぜひお越しくださいね。


 

hitomachi_icon 0222 バリアフリー調査で西区→灘区

2/21 神戸市内

今日は、神戸まちづくり研究所の調査業務で西区と灘区に行ってきました。西区の障害者就労支援の施設で、利用者さん達が今日収穫したミニトマトをいただきました。

目をつぶって食べたら「甘いみかん?」というような甘さのあるジューシーなトマトでした。

この調査。どこに行っても気持ちの良い挨拶に迎えられるのがうれしいです。

調査ももう大詰めです。これから調査結果をまとめないとね。


 

hitomachi_icon 0221 口大屋自治協議会⑤

2/21 養父市大屋町口大屋

地域自治協議会の役員会でした。
昨年度策定した「地域づくり計画」を推進していくためには、各行政区の長が役員としてくるくる変わることや、若者や女性にももっと積極的に参加していただけるようにすべきということで、組織体制を見直す作業を続けてきました。

この検討作業を「推進計画」としてまとめるのが今年度の最後のお仕事となります。

一方で、今年度は自治協議会主催のふれあい喫茶を、ボランテアのお母さんたちが、月に2回開催してきました。これはこれで今年度の大きな成果でもあります。

この成果もきちんとまとめておかないとね。

地域づくりには時間がかかります。たくさんの人たちが同じ方角を向いて活動するために、これからも少しずつではありますが、地域の応援をして行きたいと思います。


 

hitomachi_icon 0219 ありの台マルシェ打ち合わせ

2/19 神戸市北区有野台

有野台を考える会で企画した商店街でのフリーマーケットは「ありの台マルシェ」という形で実施することが決まりました。このプロジェクトチームの会合ももう4回目。

2年にわたる話合いの中から、いくつかのプロジェクトが生まれて、そのうちのいくつかは、こうして実現しつつあります。

街のみんなが地域づくりにできるだけかかわれるような、そんな地域を目指して、みんなでがんばっています。

フリーマーケットのプロジェクトは、3/26の実施に向けて、出店者の募集を含めて、調整しなきゃいけないことが山ほど。

有野台を考える会と、有野台商店街、コープ有野で協力して準備中です。

 

みなさんもぜひお越しを♪‏


 

hitomachi_icon 0218 多可町門前集落の会合②

2/18

昨年9月にお邪魔して以来、のびのびになっていた会合でした。9月には村の状況を皆さんにお聞きし、地域の課題と魅力を抽出したところまで。

今回は、1月の厄神さんのお祭りの反省を含め、今後集落内で解決したい(解決可能な)課題を見出して、課題解決のアイデアを積み上げようというつもりでうかがいました。

皆さんとお話をした結果、解決すべき課題は「集落の皆さんが楽しんで地域活動に参加できるようにしたい」ということと「集落を離れた人たちが集落を訪れて、今の様子を知ってほしいこと」に集約されそうなことが見えてきました。

この課題について皆で議論した結果、現在8月に行なっている「あかり回廊」のイベントを、集落の出身者の皆さんにお知らせして、集落を再訪していただき「村の大同窓会」をする方向で考えることに。

あまり無理なことをしない。集落のみんなの負担を増やさないことを基本に考えた結果、特産品を作るとか、集落で事業を起こすとかではなく、集落出身者のつながりを取り戻すという方向になりつつあります。

集落内のお年寄りの知恵や能力を上手に活用する方策を考えたいという意見が出たり、皆で集落の昔話をしたらどうか、古い写真を集めてみてはどうかなどの話が出ました。

まずは、老人会や、婦人会、子供会の皆さんに集まってもらって、村の大同窓会を、どんな形で開けるかの相談をすることになりました。

そもそも、今日何かを始めて明日結果が出るようなものではないので、時間をかけて地域全体を盛り上げていければよいなあ。

今日もなかなか楽しかったです。

集落内外の皆さんに、より地域への興味を高めてもらって、その先へ繋げられたらと思います。

 

下は多可町の広報誌2008年10月版より、門前集落の様子です。

http://www.takacho.jp/kouho/2008/10/200810.pdf

 


 

hitomachi_icon 0215 コミュニティ城崎会合


2017/2/15 城崎

城崎の地域コミュニティ組織「コミュニティ城崎」の会合に参加し、まちむらたんけんの成果を共有するためのワークショップをお手伝いしてきました。


2年と数ヶ月をかけて、地域の皆さんがたどり着いた、城崎のまちの将来像のキーワードは「人々のつながり」でした。
─────────────

◼︎キャッチフレーズ

「共に思いやり共に助け合い共に暮らそう」

─────────────

◼︎将来ビジョン

「あいさつが生む、つながりを大切にするまち城崎」

コンパクトなサイズのまちだからできる、人々のつながりを大切にし、住む人も、訪れる人も、帰ってくる人も気持ちよく暮らせるまちにしたい。

いつでもあいさつが響き、誰でも受け入れ助け合えて、生きがいを持って楽しく暮らせるまちを目指したい。

─────────────


城崎は観光地・商業地で、多くの人が観光産業に関わっていますが、もちろん一般の会社員の方もいらっしゃるし、実は農業地もあって、自然も豊かで人が優しい、なかなか豊かな地域です。


参加しているみなさんはみなさん、明るくて真剣!ワカモノもオジサンもオネエサマも真面目に地域の将来について語ります。

なんでステキな人達だろう。


 

hitomachi_icon 0214 西脇市津万地区まちづくり計画⑨

2/14 西脇市津万地区

西脇の津万地区で、まちづくりの計画づくりのお手伝いをしています。2月14日は第9回目の会合。

皆さんの10ヶ月にわたる議論をまとめて、計画の素案を作ったところ。

これまで、地域課題の洗い出しや、まちづくりで解決すべき課題の選別、課題解決のアイデア出し、アイデアの検証、これまでの計画の検証などの議論を重ねてきました。

地域をよくしていくために、地域の皆さんが気にしているのは「まちの高齢化とか若者の減少」だけではなく「地域の皆さんの繋がりが薄くなっているような気がすること」

「地域が家族のようになる」というのはなかなか難しいかも知れないけど、みんなが目指している方角はよく分かります。

今日の皆さんの議論を元に計画を修正して、これから、3月の計画発表のイベントに備えます。