復興まちづくり

 

hitomachi_icon 0228 熊本支援プロジェクト講演

2/28 熊本県熊本市

ジャパンプラットフォーム(JPF)が、地域創造基金さなぶりに委託して開催している熊本の復興支援プロジェクト「熊本を支える地元団体向け 復興経験と知見をつなげる助成&研修事業」では「熊本開催の研修事と復興先進地への派遣研修を助成」するという2つのプログラムを実施中です。

私は今回、さなぶりさんからのご依頼で、熊本における現地研修として「まちづくりへの参加のデザイン」ということでお題をいただき、1時間半の講演をしてきました。

地域づくりの主体は誰なのか、それはどのように行われるべきなのか、自治会長さんのマインドセットはいかにあるべきか、役所職員はどう動くべきか。という話や、地域づくりワークショップとはどんな概念か、会議をよくしていくための工夫などについてお話をしてきました。

たくさんの質問もでて、楽しい話だったと言われて編集長的にはご満悦。

「あさみさんの、人をひきつける柔らかな口調は天賦の才能ですね」って言われて、うれしいような…。いやいや、私はこれを誰にでもできる技術としてお伝えしてるんだけどな…という複雑な気持ち。まあ、ほめられるのは誰だってうれしいのよ。

私の後の講義が、いわて連携復興センターの鹿野さんの「連携と協働で支える地域づくり」で、鹿野さんに講演を聞かれていたのでちょっと緊張しましたよん。
鹿野さんの話も聞かせてもらったのですが、話のテーマはほぼ同じ。言い方は違えど、ほぼ同じ話を別の言い方で語っているというものでした(笑)

しかし、そこは東北復興界きっての論客、いわて復興の理論派とも呼ばれる鹿野さんのお話は、実践的かつとても分かりやすいお話でした。私のヨタな話は前座として位置付ければOKだったかと(笑)

夜は、くまもと災害ボランティア団体ネットワーク(KVOAD)の支援団体会議「火の国会議」におじゃましました。熱意ある皆さんのこの週に一度の会合はずっと続いています。そのことに頭が下がります。


 

hitomachi_icon 0213 神戸まちづくり研究所理事会(2017年2月)

2/13 神戸まちづくり研究所の理事会に出席。

新年度から2ヶ月に1回の予定で開催する「神戸復興まちづくり塾」は、ゲストとして阪神淡路大震災の復興まちづくりの先駆者を迎え、まちづくり研究所の若手理事が聞き手となってお話を伺います。こうした取り組みを通じて、先駆者たちの実践知を次世代に継承し、過去の教訓を踏まえた市民参加型復興まちづくりを実現できる若手・中堅人材の育成につなげていこうと考えています。
今年度は、偶数月の第1金曜日の晩を基本としてこの「神戸復興まちづくり塾」を開催し、ここで得た知見を今後のまちづくり研究所での活動に活かしていこうというもの。(実は聞けなくならないうちに、ちゃんと大御所の話を聞いておこうという目論見もないことはない…)
1年間の日程と、6人のゲストと聞き手が決まり、これをどう告知していくかを相談。
その他、熊本の震災復興支援、団地再生の取り組み、委託調査の進捗について話し、正午に終了。
私としては、NPOに関わらせてもらうことで、いろいろと知識やお会いする人の範囲が広がり、面白いことになってます。関わらせてもらってありがたい。

実は、気仙沼の復興支援も、まちづくり研究所がなかったら、きっと関わっていなかったと思うので、そういう意味でも、神戸まちづくり研究所は私にとって、わが社にとって大切な存です。(実はわが社とは事業領域がカブるので、競合他社でもあるのだけど…)
まあ、なんか面白いことにはなりそうです。
─────────────────────────

以下は開催予定のアウトライン。

詳細は神戸まちづくり研究所から公式発表します。

─────────────────────────

■第1回:4月7日予定:小林郁雄さん ✕ 田村太郎

(仮)まちが「復興」するとは、復興を「計画」するとは、どういうことか?

■第2回:6月2日予定:室崎益輝さん ✕ 菅麿志保

(仮)事前復興のために歴史から何を学ぶべきか?

■第3回:8月4日予定:辻信一さん ✕ 松原永季

(仮)復興まちづくり事業への市民参加はどのようにデザインするのか?

■第4回:10月6日予定:野崎隆一さん ✕ 萩原正五郎

(仮)役所が動いてくれない被災地域で、市民はどう動くべきか?

■第5回:12月1日:西 修さん ✕ 浅見雅之

(仮)復興まちづくりで行政はどう動き、何をしてはならないのか?

■第6回:2018年2月2日:中村順子さん ✕ 川中大輔

(仮)被災者から活動者への行動変化をどう促していくのか?


 

hitomachi_icon 気仙沼 只越地区住宅設計

只越地区では、弊社代表の浅見が3軒の住宅の設計業務を行っています。

今回6月の訪問では現場での打合せも行いました。

設計2

設計1


 

hitomachi_icon 気仙沼 鹿折地区公園づくりワークショップ

今年2月に行った公園づくりワークショップの2回目を開催しました。

メインファシリテーターに環境緑地設計研究所の辻信一氏

弊社からは浅見、山岸がテーブルファシリテーターとして参加しました。

1回目のワークショップでは、地域住民のみなさんや
鹿折中学校の生徒さんたちから
たくさんのアイデアが出されましたが
実現可能性や公園の規模に合う施設であるかなどを
考慮し、設計担当のUR都市機構より1つの計画案が提示されました。

提示された計画案に対し、グループに分かれて意見交換を行い
施設の配置や樹木の種類などの希望もいくつかあがりました。

UR都市機構から提案された「ハート形の芝生広場」が好評でした。

今回の意見を整理し、実際の公園の計画が作成されます。

鹿折1

鹿折2

鹿折3


 

hitomachi_icon 気仙沼 鮪立地区・只越地区防災集団移転協議会(2015年6月)

鮪立地区(6/20)
公営住宅の完成が最大で半年遅れになると報告がありました。
移転先では、硬岩盤の掘削が出ているようですが
造成工事は進んでいるようです。

協議事項では、防集宅地の位置も決定し
先行している只越地区で検討課題になったことを参考に
鮪立地区の団地内での建築ルールなどを検討していきます。

鮪立

鮪立2

7月は、移転先の見学と、進捗状況を確認する予定です。

只越地区(6/21)
団地名「只越咲山団地」では住宅の建設も進んでします。
公営住宅も立ち並び、まちなみができあがりつつあります。

協議会では、漁協からの防災ラジオのPRや
支援制度の説明などがありました。

いよいよ、協議会の解散時期についても話し合われ
10月4日に解散式を行うことになりました。
設計1

只越

只越2


 

hitomachi_icon 只越地区の取り組み_ひょうごチャンネルで紹介

気仙沼市只越地区に、まちづくりアドバイザーとして浅見、小林が派遣され、約2年が経とうとしています。

この度、只越地区での取り組みが、兵庫県広報番組「ひょうご“ワイワイ”」(9月29日)で紹介されました。
是非、ご覧ください。
2013年9月29日 ひょうご“ワイワイ”「東日本大震災被災地リポート(後編)

今月は20日に只越地区の会合に参加しました。
会合では、災害公営住宅について、只越地区の方からのでていたご要望を行政に伝え、気仙沼市より回答をいただき、その内容を説明しました。
また、防災集団移転については、「誰が、どの宅地に住むか」、その決め方について、住民の皆さんと話し合いを行いました。
来月には、どの宅地に住みたいかのアンケートを取ることになりました。

いままで、造成計画に対する意見交換等を重ねてきましたが、ようやく、その上に建つ、建物についての話し合いに流れがシフトしてきた感じがあります。
只越地区では、平成27年度末に、造成工事完了、災害公営住宅への入居が予定されています。防災集団移転の方は、平成27年4月から住宅の建設を始めることができる予定です。

こば


 

hitomachi_icon 只越地区_防災集団移転先の造成計画模型作製中

宮城県気仙沼市只越地区。
只越地区では、防災集団移転および災害公営住宅の移転先の造成計画が、すでに決定しています。

そろそろ、集団移転先で「誰が、どの土地(区画)に住むか」を決める時期になってきました。
「どの土地(区画)に住むか」を決めないことには、土地のうえに建つ住宅の計画もできません。
これから「誰が、どの土地に住むか」を決める方法も、住民のみなさんと話し合っていかなくてはなりませんが、一方で、造成計画の図面を見ていても、「自分はどの区画に住みたいか?」という判断がしづらいのが現状です。

そこで、少しでも住民のみなさんが「自分がどこに住みたいか」判断しやすくするため、明石工業高等専門学校の学生さんにお手伝いいただいて、造成模型を作成しています。

今日は、作成を始めて5日目。2人の学生さんが、模型づくりをがんばってくれています。
武政くんと、森井くん。頼れる男たちです!

黙々とがんばってくれています

もう少しで造成計画の高さというところまできました

学生さんには、ほぼボランティアでお手伝いいただいています。(お昼ごはんと交通費はお支払いしていますが…)
学生さんには本当に感謝です。

ふと見たら、社長も作っていました。「好きだから…」だそうです。

只越地区の次回の会合は、9月15日。なんとか間に合うように作ります。
わたしは見ているだけですが…といっても、ちゃんと働いています。

こば


 

hitomachi_icon 只越地区でホヤをご馳走になりました

毎月、兵庫県の東日本大震災まちづくり専門家派遣制度により、復興まちづくりのお手伝いに、気仙沼市へ通っています。

以前は気仙沼市内の様々な地区へ行っていましたが、ここ数ヶ月間は、地区の会合が定例化しつつあり、主に只越地区、鮪立地区、鹿折地区に通っております。

5月18日(土)午後から、唐桑半島にある、只越地区の只越地区災害復興協議会の会合へ、会合のコーディネーターとして参加しました。
只越地区は、防災集団移転および災害公営住宅希望者の数も、随分前に確定しており(昨年のGWに個別ヒアリングを行い、ほぼ戸数が決まりました)、造成予定地もほぼ確定しています。只越地区では、防災集団移転先に災害公営住宅が建設される予定です。
ここ数ヶ月間は、防災集団移転および災害公営の造成予定地の造成計画について、コンサルタントさんが図面を描いては、住民さんとやりとりするということを何度か繰り返していましたが、造成計画もほぼフィックスしました。宮城県への開発許可申請も進んでいるようです。
気仙沼市では6月下旬に災害公営住宅の仮申込みの受付があります。次回の会合の前には、災害公営住宅の家賃がいくらになりそうか、個別に災害公営希望の方の政令月収を計算する時間を設けることになっています。災害公営の家賃は、政令月収を自分で計算しなくてはならないことから、意外と、というか、大多数のかたが、計算したことがないようです。なので、私たちがお手伝いしようと思っています。
また、7月には、防災集団移転先に建てる住宅および災害公営住宅のイメージをみんなで共有するために、バスをしたてて、住宅展示場や公営住宅をめぐる見学ツアーを行うことになりました。その後、住宅相談会を行ったり、建物を建てる際の只越におけるルールづくりなどを行う予定です。

現在の只越地区の写真。海が見えます。

山が切られています。ここに新しいバイパスが通ります

その只越地区で今回、ホヤをお昼ごはんにご馳走になりました!
只越のホヤ獲り名人、吉田さん。
わたしたちに是非ホヤをご馳走したいと以前から言ってくれていました。
今回、朝の3時に起きて、船をだし、ホヤを捕ってきてくれたそうです!感激です…
ホヤをさばいたり、お料理を準備してくれたお母さん方にもすっかりお世話になってしまいました。ありがとうございました。

すごいご馳走です!

これがホヤのお刺身

おっきい〜!

関西人のわたしですが、ホヤは塩辛でちょびっと食べたことがあるだけでした。
だから、このナマのおっきなホヤに感激!
きっと、朝採れたてのホヤだからだと思いますが、微かに磯の香りがして、塩辛のようなくせはなく、とっても美味しかったです。
とてもたくさん準備してくださって、満腹、シアワセでした。

吉田さんが、今朝獲ったホヤが海にあるというので、是非見たいと思い、只越の海岸まで行って来ました。

只越の海。真ん中の船が吉田さんのもの

箱にはいったホヤが海のなかに。箱を引き上げてみせていただくと…

色鮮やかなホヤ!初めて見ました

とても鮮やかないろで、触るとプニプニしています。貝のように固い殻かと思っていました。
ホヤは「海のパイナップル」と呼ばれているのがよくわかりました。

吉田さんは13mもある棹(先にかぎ針がついている)を船にもってでて、勘を頼りにホヤをとるそうです。すごい!
ほかにも、ホヤに関することをいろいろと教えていただきました。
とてもおもしろいお話でした。

吉田さんの話を真剣に聞いてます

コンクリートにかかっている長い棹を使ってホヤをとるそうです。

13mもある棹。捕るところがみたい!

棹の先。ホヤを引っ掛けて引き上げます

とても貴重な経験をさせていただきました。
吉田さんのファンなので、最後に一緒に写真を撮って頂きました。

只越のみなさんには本当にお世話になっています。
今後とも、少しでもお力になれるようがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

こば


 

hitomachi_icon 東日本大震災の支援活動紹介

兵庫県の情報誌「ネットワーク」に、ひょうごまちづくり専門家 気仙沼支援チームのリーダー、野崎さんの知事との対談が掲載されています。

気仙沼支援チームは、野崎さん、浅見さん、小林の3人で、毎月だいたい4日間、復興まちづくりのお手伝いに伺っています。

私たちも、チラリと写真に映っております。(いつのまに…笑)
兵庫県の情報誌ネットワーク


 

hitomachi_icon 「仮設住宅における結露対策」勉強会

気仙沼には、ボランティアさんをコーディネートしたり、仮設住宅での生活の支援をしたりする活動を続けている「ボランティアステーションin気仙沼」という団体があり、私たちはこちらの活動のお手伝いも(時々)しています。

ボランティアステーションin気仙沼の皆さんからは、冬を前にして、仮設住宅の結露問題が深刻であるというお話を伺いました。仮説住宅自治会へのアンケートでも半数以上の仮設住宅で結露に悩んでいるという結果が出たそうです。

仮設住宅は応急的に作られたこともあってか、寒冷地にある割にはその性能が十分とは言えず、あとから断熱材を付加したり、風除室を設けたりという対応がなされてはいるものの、やはり冬の寒さへの対策がまだまだ十分とは言えません。

根本的な解決はボランティアベースでは難しいしお金もかかるということで、今回、仮設住宅の住民の皆さんやボランティアさん達の素人だけでも対応できる結露対策はないかとの相談を受けました。結露対策を考える前に、まずはボランティアステーションin気仙沼の皆さんに結露についてきちんと知ってもらおうと、スタッフの皆さんに授業をさせていただいてきました。

その様子がこちら→「結露勉強会@ボラステ

ボランティアステーションin気仙沼では、この次の日に仮設住宅の自治会の皆さんに集まってもらい、結露対策の勉強会を開いたそうです。

その様子がこちら→「【結露についての勉強会】を行いました!

仮設住宅にお住まいの皆さんが快適に暮らせるよう、ボランティアステーションin気仙沼の皆さんを通じて、今後ともお手伝いができたらいいと思っています。

あさみ