地域づくりアドバイザー

 

hitomachi_icon 20180713春来地区

新温泉町春来地区は、ちょっと高いところにあります。
区民が出資をして「てっぺん」というお蕎麦屋さんを経営している地域です。

昨年、地域再生アドバイザー事業で春来地区に通うことになり、「てっぺん」を核としたむらづくりを見直す作業を一年間お手伝いしてきました。
今年度は、てっぺんの経営母体である「そば生産組合」と「営農組合」を統合し法人化することを視野に入れたお手伝いをしています。

会合が終わった後も、春来区の今後をアツく語る区長さん副区長さんのお話に引き込まれ、帰宅は25時をまわりました(車でだいたい3時間弱の道のりなもので…)が、我が社もアツくお手伝いをしていきたいと思っています。


 

hitomachi_icon 20180707西宮浜まちづくりワークショップ

大雨によるあちこちの水害…たいへんな事になっている方々がたくさん出てしまいましたね。これ以上被害が広がらないことを祈っています。

7月7日、雨の降る中でしたが、西宮浜公民館にて「まちづくり楽校」ワークショップが開催され、講師として浅見が話し合いのコーディネートをしてきました。
40人を超える参加者!
西宮浜のみなさんのまちへの関心の高さが伺えますね。

前半は、浅見から「まちづくり」や「人口減少社会」や「参画と協働」などについての講義。
西宮浜の人口動態については、ちょっとショッキングなお話も…。
どこのまちもこれから人口が減っていくことは明白であるとはいえ、西宮浜の今後の人口予測では、次世代を担う子どもが増えていかない現実が顕著に現れているというお話をお伝えしました。

後半は、ポストイットを使いながら、講義を聞いた感想などを各テーブルで共有する作業をしました。

人口予測の話のインパクトが強かったのか、これから先の不安や悩みがたくさん出されましたが、一方で「新しい地縁社会が必要」という意見や「楽しむ人が多いとまちづくりが進むという話が印象的でした」という声も。

これから先も地域のみなさんが西宮浜で暮らし続けていくためには、地域の困りごとや悩み事を解決することも大事ですし、地域のみなさんが「自分ごと」として西宮浜の未来を考えていくことも大事なのではないかなと思います。
これから先の未来に必要なのは「人口が減っても幸せだと思える社会」
このパラダイムシフトを実現するためには、どう考えたらいいのか、どのようなことが必要なのか…地域の皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

西宮浜のまちづくり楽校は、今後も続く予定です。
我が社も全力で伴走します。