講義・講演NEWS

 

hitomachi_icon 0228 熊本支援プロジェクト講演

2/28 熊本県熊本市

ジャパンプラットフォーム(JPF)が、地域創造基金さなぶりに委託して開催している熊本の復興支援プロジェクト「熊本を支える地元団体向け 復興経験と知見をつなげる助成&研修事業」では「熊本開催の研修事と復興先進地への派遣研修を助成」するという2つのプログラムを実施中です。

私は今回、さなぶりさんからのご依頼で、熊本における現地研修として「まちづくりへの参加のデザイン」ということでお題をいただき、1時間半の講演をしてきました。

地域づくりの主体は誰なのか、それはどのように行われるべきなのか、自治会長さんのマインドセットはいかにあるべきか、役所職員はどう動くべきか。という話や、地域づくりワークショップとはどんな概念か、会議をよくしていくための工夫などについてお話をしてきました。

たくさんの質問もでて、楽しい話だったと言われて編集長的にはご満悦。

「あさみさんの、人をひきつける柔らかな口調は天賦の才能ですね」って言われて、うれしいような…。いやいや、私はこれを誰にでもできる技術としてお伝えしてるんだけどな…という複雑な気持ち。まあ、ほめられるのは誰だってうれしいのよ。

私の後の講義が、いわて連携復興センターの鹿野さんの「連携と協働で支える地域づくり」で、鹿野さんに講演を聞かれていたのでちょっと緊張しましたよん。
鹿野さんの話も聞かせてもらったのですが、話のテーマはほぼ同じ。言い方は違えど、ほぼ同じ話を別の言い方で語っているというものでした(笑)

しかし、そこは東北復興界きっての論客、いわて復興の理論派とも呼ばれる鹿野さんのお話は、実践的かつとても分かりやすいお話でした。私のヨタな話は前座として位置付ければOKだったかと(笑)

夜は、くまもと災害ボランティア団体ネットワーク(KVOAD)の支援団体会議「火の国会議」におじゃましました。熱意ある皆さんのこの週に一度の会合はずっと続いています。そのことに頭が下がります。


 

hitomachi_icon 0227 西播磨地域再生プロジェクトチーム会議

2/27 西播磨県民局

西播磨県民局管内の各市町の地域再生担当の皆さんによるプロジェクトチームの会合で、講演をしてきました。聴衆は各市町のご担当の皆さんなので、行政職員の皆さんです。

基本的にはいつもの人口減少社会の話を、時間がなかったので30分のダイジェスト版にてお送りしました。

変革する社会を生き抜くのには、役場にも地域にも発想の転換とアイデアが必要で、若い皆さんが独自に切り拓かないといけないのよという話。

市町担当者的には、地域活力の向上よりも、移住者獲得の方が興味があるようです。まあ、地道に地域コミュニティのお世話をして、地元住民に小突かれながらも、時に厳しく時に優しくお世話をするよりも、目に見えて成果の上がる移住者獲得の方がやりやすいのはよく分かる。獲得できれば首長にも褒められるだろうしね。

そんな話の中では特に、他府県に移住促進のためのチラシを置いてもらおうと思っても、なかなか置いてもらえないという話が印象的でした。まあ、それはそうだ、基本的には有限の地域住民を取り合ってるに過ぎないものね。

もしできることなら、移住者や迎え入れる地域や役所など、関係する多くの皆さんが幸せな最適解を見つけてもらえたらいいなあ。とおもいます。

おまけ

県民局の建物はなかなかに素敵でしたよ。ユーザーさん達からは、廊下が寒いの暑いのという意見が出てましたけど…(笑)廊下が外気なのです。それはトイレに行くのにコートも必要よね。その不便さを補って余りある空間の豊かさと感じられればよし、感じられなかったら、ちょっと許せない建物だろうなあ…


 

hitomachi_icon 0217 朝ごはんラヂヲに出演♪

今朝は7時に梅田集合。
阪急阪神オフィスワーカーの皆さんのための朝活「朝ごはんラヂヲ」に出演してきました。

一緒に出演したゲストは、トータルビューティーサポートJUNOの田村純子さん。司会はアナウンサーの田名部真理さん。

聞き上手で、話させ上手のお美しいお二人に囲まれて、ニコニコと「会議の上手な進め方」についてお話をしてきました。

私たちがサポートするから、あさみさんは好きにしゃべってたらいいのよって言われたので、私は終始リラックスモード(笑

梅田の天空のタリーズで、30数人のお客さんを前に、ゆるゆる話をしてきました。田村さん。さすがコミュニケーショントレーナーさん。上手に私に話を振り向けて下さいました。田名部さんもさすがプロ、上手に場を盛り上げて下さいました。

朝ごはんラヂヲ。

なんだかえらく楽しかったです。オフィスワーカーの皆さんに元気に出勤してもらうためのこのイベントですが、一番元気に出勤したのは私かも(笑

しゃべりのプロの皆さんの技術も学ばせていただきましたよん。

またやりたい(笑


 

hitomachi_icon 0216 某市職員研修の企画会議

2/16 某市

新規採用の職員さんたちにどのように育っていただけるか。地域と関わるためのマインドセットをどのように手に入れていただけるか。役所職員の本当の職責とは何か。

まあ、そんな会議に出席してきました。

考えることはたくさんあるし、市職員の皆さんにも同じ問題意識を持って欲しいと思う。

そこには熱意ある先輩達もいるし、すごく素敵な講師陣も控えてる。こんな素敵な研修が受けられる役所の皆さんは幸せよねとも思う。

たけど一方で、日々積み重なる悩みを、研修だけで解決できるのか?とも思います。

難しいね…

役所職員の皆さんの幸せと、市民の皆さんの幸せは、究極には同じところを向いているはずなのですよ。それを別なものだと思うメンタリティはどこから生じているのかしら。

市民は役所の協働相手としてちゃんとした組織に育たなければならないし、きっと役所職員はそれを育てる技量を持っているべきなのよ。

そして、反対側から見れば、役所職員は市民の協働相手として育たなければならないし、地域は役所職員を育てる必要がある。

役所と市民がきちんとした協働関係を構築できたら、きっと、まちづくりコンサルも中間支援組織もまちづくり系NPOも、そんなものなくても上手に回る世の中ができあがる。

私が夢想するのはそんな社会。

たぶん本当の協働はそこにある。
たぶん。そこにあるのよ。


 

hitomachi_icon 0209 西脇市職員研修(H28年度)

2/9 西脇市職員研修

西脇市さんからのご依頼で、職員研修。全職員の皆さんが対象で、一度では入りきれないとのこと、午前と午後の2回に分けて同じ講義をすることに。

普段のお仕事の専門分野が私の関係する分野と全く違う方も多いので、なるべくどんな皆さんにも興味を持って聞いていただきたいと思いつつも…まあ、そこはそれ、本人の能力にも限界というものが…(笑

講義のテーマは「参画と協働」

参画と協働とは何なのか。なぜ今、参画と協働が必要なのか。誰とどのように協働すべきか。実は地域自治協議会は役所の協働相手なのよさ。などについて力説。

地域の皆さんのお相手をするのが苦手な職員の皆さんに、ココロが傷まないマインドセットを持ってもらおうというお話も。

担当課の課長さんは午前も午後も話を聞いてくれてましたが…両方聞いてくださるのはありがたいですが、いささかやりにくいですね。

担当職員の方は「さすがあさみさん。寝てる人いなかったですよ…」って…。それはなんか評価の仕方としてどうなのよ(笑

ちなみに、講演内容はだいたい以下の通り

────────────

1.自己紹介

2.人口減少社会の現実

  •  限界集落の現実
  •  人口減少社会の現実
  •  皆さんへの質問
  •  発想の転換の必要性
  •  過疎地域は日本の最先端
  •  高齢化率が高いのは本当に問題なのか

3.人口減少時代とどう向き合うべきか

  •  価値と効率の話
  •  地方の商店街が疲弊しているのはなぜか
  •  地方都市で効率を目指してもダメ
  •  価値の向上が重要
  •  価値重視の時代のマインドセット

4.変化が進む時代の「参画と協働」とは

  •  人が増えたら幸せになれる?
  •  人が減った方が幸せな社会を作れないか?
  •  規模が小さくなると、行政だけでは対応できない
  •  市民にも頑張って欲しい
  •  公務員だって人の子…
  •  任せられるところは市民に任せよう
  •  誰の幸せのためにやっているのかが大事

5.参画と協働社会における行政と市民セクターとの関係

  •  NPOってどんな組織なのか
  •  行政とNPOはどう付き合うべきか
  •  公益を維持するには事業の継続性を見ることが大切
  •  稼ぐNPOの重要性
  •  市民セクターは安く事業を任せられる団体ではない
  •  対立から共存へ
  •  共存のための基本
  •  社会関係資本について

6.納得のプロセスデザイン

  •  地域の全員が同じ意見になることなどあり得るか?
  •  理解と納得と共感の違いを理解する
  •  お互いの立場を理解できれば80%は合意できている
  •  対立の中から本質を見出すことの重要性
  •  合意形成においては対話と納得が重要

7.市役所職員は地域とどう向き合うべきか

  •  信頼関係は共感の連鎖から生まれる
  •  説得よりも共感の方が効果的
  •  共感してもらえる人になる

 

hitomachi_icon 西宮市まちづくり人養成講座 第6講

2015.11.18
西宮市まちづくり人養成講座の最終講義です。
これまで5回で、話し合いがうまくいくコツについて、説明と実践で学んでいただきました。

大きく3つのポイントをあげると、話を上手に聞くこと、話しやすい場をつくること、意見がでやすくなる工夫をすること。
今回は、その3つのポイントをいかして話し合いを進める、進め方を実践していただきました。

  
あるテーマについて数人のグループで話し合って、話し合い後に「進め方」の良かったところ、悪かったところ、気付いたこと、改善ポイントを振り返っていただきました。

受講者それぞれが、話し合いの中でどう動くことができたかを確認することで、話し合いを上手くするコツを掴んでもらうのが目標でした。
テーマを変えて2回の話し合い実践を体験していただきましたが、どのグループも振り返りでは、良かった点だけでなく悪かった点と改善方法まで話ができたようで、それぞれに何かを掴んでいただけたのではないかと思います。

  
最後に、講座皆勤賞の受講者には修了証が授与され(昨年度から引き続き後期を受講してくれた方もおられました)、今年度の講座は無事に終了しました。
地域活動やお仕事の現場での話し合いで様々な悩みや困っている方に、何かお役に立てる内容になっていれば嬉しいと思います。


 

hitomachi_icon 西脇市まちづくり講座

浅見代表の活動記録

今年も西脇市まちづくり講座で話し合いの上手な進め方の講座をしています。
サブタイトルとして「会議が変わると地域が変わる〜その会議、よくなります〜」を掲げ

色々な立場、場面で会議や話し合いで困っている方々にお役に立てる様な内容にしようとしております。

1回目は9月28日
ワークショップ技法をつかった会議の進め方やファシリテーションの基礎について

2回目は11月9日
会議を「書く」ことについて

以下、Facebookより転用

今日は西脇市でまちづくり講座の先生をしてきました。話合いが上手になることを目指した講座の第2回目の今日は「ホワイトボード会議講座」です。

西脇市の皆さんは本当に熱心でとても感心します。なんと、今日は課長のリクエストにより「人口減社会における私たちのマインドセット」の話をライティングしていただくという過酷な講座でした(笑

少し時間が押したので話合い演習は、みんなが楽しく話し合えるこれにしました

20151109nishiwaki

 

転用ここまで

今回のファシリテーショングラフィック実習は、会議・話し合いではなく、講義を書くという新しい試み。
浅見代表の講義のペースをどれだけ書けるのか私も自身がありません・・・

ハードになりがちな話し合い講座の内容ですが、それだけお伝えしたいことが盛りだくさんで、その中でも現場に持ち帰って「使える」「やってみたい」と思ってもらえること見つけてもらうことを目標に考えております。

最終回の第3回はこれまでの内容すべてを駆使して、会議を変える、良くする実践講義になるようです。

 


 

hitomachi_icon 西宮市まちづくり人養成講座 第5講

第5講のテーマは「意見を収束させる方法」です。

1前期でも好評を博したアイディア・ラボ[β]の池山敦さんをゲスト講師にお招きしました。
01
アイデアの必要性のレクチャーと「KJ法」を使った意見の収束法の体験型実習を通じて意見を収束するコツを学びました。

02
無作為なキーワードの書かれている数十枚のカードを使ってアイデアや意見を収束させる方法を体験しました。

最初はグループで協力して、バラバラのカードを分類整理していくと、「食べ物」「生き物」「どんな商店で扱っている物か」「遊びか仕事か」「家か外か」など、いろいろな切り口で分類されました。

03

ここで池山さんのレクチャーが入り、新しいアイデアを生み出す時に、今までの枠に納めてやり方では上手く行かないのではないか?一見、何の関連も無い事柄の間にあるつながりを見つける、「上位概念」を見つけることが新しい発想につながっていくというお話と例示を聞いて

2回目の収束体験に入ると、最初の分類整理とは違ったまとめが出来上がりました。
04
講義の内容は、言葉で説明するのがとても難しいものでしたが、みなさんそれぞれに意見収束のコツや感覚を掴むことができたのではないかと思います。

そして、次回はいよいよ最終講になります。

これまで学んだことを全てつかった、良い話し合い実践をしてもらう予定です。


 

hitomachi_icon 西宮市まちづくり人養成講座 第5講

第5講のテーマは「意見を収束させる方法」です。

1前期でも好評を博したアイディア・ラボ[β]の池山敦さんをゲスト講師にお招きしました。
01
アイデアの必要性のレクチャーと「KJ法」を使った意見の収束法の体験型実習を通じて意見を収束するコツを学びました。

02
無作為なキーワードの書かれている数十枚のカードを使ってアイデアや意見を収束させる方法を体験しました。

最初はグループで協力して、バラバラのカードを分類整理していくと、「食べ物」「生き物」「どんな商店で扱っている物か」「遊びか仕事か」「家か外か」など、いろいろな切り口で分類されました。

03

ここで池山さんのレクチャーが入り、新しいアイデアを生み出す時に、今までの枠に納めてやり方では上手く行かないのではないか?一見、何の関連も無い事柄の間にあるつながりを見つける、「上位概念」を見つけることが新しい発想につながっていくというお話と例示を聞いて

2回目の収束体験に入ると、最初の分類整理とは違ったまとめが出来上がりました。
04
講義の内容は、言葉で説明するのがとても難しいものでしたが、みなさんそれぞれに意見収束のコツや感覚を掴むことができたのではないかと思います。

そして、次回はいよいよ最終講になります。

これまで学んだことを全てつかった、良い話し合い実践をしてもらう予定です。


 

hitomachi_icon 西宮市まちづくり人養成講座 第4講

2015.09.16 良い話し合い実践  

いよいよ、後期講座にはいりました。 

これまで、良い話し合いのためには、話を上手にきくこと、話しやすい場をつくること、意見の出やすい工夫といった、人、場、技術の話をしてきました。
この理論をもとに、実践を通して良い話し合いを実現することをめざします。

  
今回は、シナリオワークで典型的なダメな話し合いを体験し、その問題点と解決方法を考えて、実際に同じテーマで話し合いをしてみて、良い話し合いには何が必要かを体感してもらいました。

  
何が必要かは、何ができるかを考えることにも繋がります。

話し合いの現場で、色々な立場の人達がどう行動し、発言し、反応するのか。

そこから話し合いを良くする方法を考えてみることも必要かもしれません。

次回は、前期も好評だったゲスト講師 アイデア・ラボ〔β〕代表の池山さんをお迎えして、アイデアや意見の収束の仕方を実践します。