ワークショップNEWS

 

hitomachi_icon 0304 福崎町自治会ワークショップ

3/4 兵庫県神崎郡福崎町

福崎町さんのご依頼により自治会ワークショップ。

福崎町では、自律的で自立的な地域活動を推進する目的で、地域の自治会の活動助成をする「自律(立)のまちづくり交付金事業」を行なっており、この事業は1期3年が終わり、2期目に入り、トータルでは4年目を迎えています。

この交付金は、持続的な地域運営のために使ってもらおうというのが町のねらい。通常の自治会活動は普通にやってもらい、自律・自立的な地域運営を目指す活動については町で支援しようというもの。しかし、当初はなかなかこの目標が地域の皆さんに理解されず、お祭りなどの通常の自治会運営にお金が使われることも多かったようです。

事業も2期目に入り、ここらでもう一度地域と役場の役割分担を見直し、各自治会に交付金をより有効に使っていただくためのマインドセットを手に入れていただきたいというのが役場のお考えでした。

そこで、こちらからは、地域の自立がなぜ求められているのか?役場と地域の関係はいかにあるべきか?を皆さんで考えましょうという「ミニレクチャー×ワークショップ」をご提案し、企画・運営を担当させていただきました。

地域の自立をいかにデザインしていくかを皆さんに考えていただく2時間半。なかなか刺激的なワークショップになりました。

印象的だったのは「私達の地域は、都会とは違って、地域のみなさんの献身的な努力により地域の草刈りや清掃、お祭りの運営が成り立っているのだから、ことさらに自立と言われなくても…そんなことはできているんだ!」とおっしゃった方のご発言。

まさにそうですよね。都会には消防団もないし、ボランタリーな活動によって地域を支える仕組みは失われつつあるように見えます。しかし、田舎では自治会加入率はほぼ100%だし、地域の運営は上手にできているように見えます。

ただ、これから地域の人口が減っていき、もしかしたら役場の力も小さくなる中で、役場と地域の関係や、地域運営の担い手をどうしていくかを考えることは、無駄ではない、むしろ重要なこと。

私としては、社会が大きく変化していく時代を迎えるためのマインドセットを、もっとより多くの人たちに身につけていただきたいと思っています。

最後には、これから私達の地域はこんなことをしていきます宣言。

どの地域でも、若い人たちの地域活動への参加が少なくなっていることを問題に思っており、地域のつながりをどうしたらもっと強固なものにできるかという点で悩んでいます。

ここを上手に解決するのは相当難しい問題が残っていそうですが、地域運営を考えるこうした会合にお父さんしか出てきていない現状からなんとかできるといいなあと心から思います。

「息子や娘が帰って来れる地域にしたい」と宣言された地区があって、なるほどそれが本質かもしれない。と強く思いました。

あ、あと、ホールがめっちゃいいホールでした。エルデホール。音楽用ホールなのだけど、照明やプロジェクター、音響がバッチリで、声もよく通るし、ワークショップにもすごくよいホールなのではないかと。オススメです!


 

hitomachi_icon 0226 とよおか地域づくり大会2017

2/26 豊岡市

とよおか地域づくり大会に参加。
豊岡市では、島根大学の作野先生の指導のもと、地区公民館組織をベースにした地域運営組織(コミュニティ組織)づくりが進められています。この地域づくり大会は今回3回目の開催で、各地区のコミュニティ組織づくりの勉強会として開催されてきました。

組織づくりは今年度、すべての地区で完了し、この4月1日からは、公民館がなくなり、コミュニティセンターとして生まれ変わります。

これまで、社会教育・生涯学習の活動をベースに活動してきた公民館は、新たに地域振興・地域福祉・防災防犯なども取り扱う、ハイパーな組織として地域の核となることになっています。

大急ぎで作ったこともあって、各地域でこの改革の必要性や不可欠さに関する理解の深度は違うものの、とりあえず行政主導で枠組みだけは作られました。今日はその総まとめ。各地区から150人以上の皆さんが参加されました。

3つの地域からの組織づくりの活動報告を聞き、それぞれの地域の活動報告を聞くたびに、質問や感想、助言を各テーブルで出し合って代表意見を選ぶ(約5分)いうやり方は、慌ただしいですが、皆が緊張感をもって話をきけるやり方でした。200人規模とかだとワークショップって言っても難しいので、テーブルファシもいらないこの方法はわりと有効かもですね。

作野先生の講演のメモ。
作野先生はご自身のFacebook投稿で講演に88点を付けていらっしゃいましたが、私のメモは作野先生の論点を整理しきれず60点ってとこですね。何が話されてるかは分かるけど、話の流れと話題の関連性が表現しきれてません。

作野先生は、私の大先生(実は同い年だけど)でして、9年前に村岡で作野先生の講演を聞いてなかったら、今の私はなかったはずです。私の「人口減少社会のマインドセット」的講演は作野先生のお話をベースにしているのよ。もし、先生のお話を聞ける機会があれば、皆さんもぜひ。


 

hitomachi_icon 0215 コミュニティ城崎会合


2017/2/15 城崎

城崎の地域コミュニティ組織「コミュニティ城崎」の会合に参加し、まちむらたんけんの成果を共有するためのワークショップをお手伝いしてきました。


2年と数ヶ月をかけて、地域の皆さんがたどり着いた、城崎のまちの将来像のキーワードは「人々のつながり」でした。
─────────────

◼︎キャッチフレーズ

「共に思いやり共に助け合い共に暮らそう」

─────────────

◼︎将来ビジョン

「あいさつが生む、つながりを大切にするまち城崎」

コンパクトなサイズのまちだからできる、人々のつながりを大切にし、住む人も、訪れる人も、帰ってくる人も気持ちよく暮らせるまちにしたい。

いつでもあいさつが響き、誰でも受け入れ助け合えて、生きがいを持って楽しく暮らせるまちを目指したい。

─────────────


城崎は観光地・商業地で、多くの人が観光産業に関わっていますが、もちろん一般の会社員の方もいらっしゃるし、実は農業地もあって、自然も豊かで人が優しい、なかなか豊かな地域です。


参加しているみなさんはみなさん、明るくて真剣!ワカモノもオジサンもオネエサマも真面目に地域の将来について語ります。

なんでステキな人達だろう。


 

hitomachi_icon 0213 西脇市まちづくり講座③

2/13 西脇市日野地区

西脇市で毎年行っているまちづくり講座は、地域での話し合いを上手にやるための技術を学ぶ3回シリーズ。

今年は日野地区で開催しました。

西脇市日野地区の皆さん

 

第3回のこの日は、ファシリテーションとは何かについて学び、ファシリテーショングラフィックが会議にいかに役立つがを実体験してもらうプログラム。

具体的には6人の有志に話し合いをしてもらい、私がホワイトボードを担当。ホワイトボードのある時とない時で、いかに会議が変わるかを実感してもらいました。議題は「地域活動にもっと若者が参加してもらえるような地域になるにはどうしたらいいか?」

今日のホワイトボード

会議室にホワイトボードが置いてあるのは、予定表や連絡事項を書くためではなく、会議を円滑に進めるための道具だからなのよね。

ホワイトボード書きは、やれと言われても皆さんなかなか手を出したがらないですが(笑。今日のホワイトボードのある時とない時の圧倒的な違いの体験から、地域に帰った時に「やってみようかな」と思ってもらえたらいいなとおもってます。


 

hitomachi_icon 景観まちづくり交流会2015

2015.10.25

兵庫県下で景観形成まちづくりに取り組む住民団体の交流会が三木市で開催され、団体の交流ワークショップの運営を浅見代表が担当しました。

01

参加されたみなさんが、お互いの活動やそれを通して感じている事、考えていることを共有し、「仲良くなる」ことを目標としてえんたくんを使ったワールドカフェ形式のワークショップを行いました。

テーマを5つに設定し

①地域の皆の気持ちをどう盛り上げるか

②地元市役所とどう上手くつきあうか

③空家を活用する方策

④景観の価値を地域に理解してもらうためには

⑤新しい建物をチェックする上手な方法とは

の中から3つを選んで順にテーブルを回って意見交換をしました。

02

どのテーマも話が盛り上がり、たくさんの意見・アイデアがえんたくんに書き込まれて行きます。

最後に、テーマ毎にどんな話があったかを発表していただいて終了。

03

約1時間のプログラムでしたが、楽しくじっくり話ができたようで、参加者のみなさんからは好評をいただきました。

景観形成に取り組む地域同士の交流やつながりが生まれることで、活動が楽しく続けられるものになるといいなと思います。

 

 

おまけ

参加者から本日の気づきとして・・・

04

似てますね。

ありがとうございました。