hitomachi_icon わが社の集落支援のとりくみ

中山間地域とは、一般には山間の傾斜の多い場所のことをさします。
山地の多い日本は、中山間地域だらけで、その多くは人口が減少し少子高齢化が進んでいます。
日本では中山間地に限らず日本のほとんどの地域や自治体で、人口減少・少子高齢化が進行しています。

わが社では、
中山間の小規模な集落におじゃまして、
●集落で起きている問題や不安などについてお聞きすること
●集落内にある地域資源を地元の皆さんと発掘すること
などのお手伝いを続けています。

そして、地域の皆さんの元気とやる気を育て、
集落の皆さんがその気になれば、
●地域づくりワークショップの開催のお手伝いをしたり、
●集落を元気にするためのアイデアを出し、実現の方策を考えたり、
●地元産品を使った商品開発やその販売ルート開拓のお手伝いをする
などの活動を継続的に行っています。

こちらのページでは、わが社の集落支援の取組みをご紹介します。

中山間地域は、傾斜の多い場所のため農業に適した地域でもなく、少子化と高齢化で人口は減少し生産性も落ちています。
こういった地域再生のためのアイデアとお手伝いをさせていただいています。

・・・つづきはこちら

養父市大屋町筏地区では、
「いかだげんきかい」という話し合いの場を持ったり、月に一回の実費のみで集う「村カフェ」をオープンしたり、特産品のゆずを利用した商品開発などを進めています。

・・・つづきはこちら

まちづくりを進める上で、地域の問題点や課題を見つけることが大切です。問題点や課題がない地域はないはずです。地域の課題を見つけるためには方法があります。知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

地域を活性化するまちづくりには、手順を知ることが大切です。まちづくりの手順について知っておきましょう。地域を活性化するためには地域の良さを知り、今ある資源を把握することが必要です。

・・・つづきはこちら

まちづくりを進める上で、地域の問題点や課題を見つけることが大切です。問題点や課題がない地域はないはずです。地域の課題を見つけるためには方法があります。知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

まちづくりに取り組もうと考える際には、高齢者にとって暮らしやすいまちづくりを検討してみてはいかがでしょうか。まず、高齢者が暮らしている地域の現状を知りことから始めましょう。

・・・つづきはこちら

観光を地域活性化に繋げ、まちづくりをしてみてはいかがでしょうか。観光を意識したまちづくりでは地域資源の発掘、再評価が求められており、短期的な観光地化ではなく、長期的に考えましょう。

・・・つづきはこちら

まちづくりでは活用されていない古民家をリノベーションし、ブランド化をして古民家に付加価値をつけます。地域資源の一つとして古民家を起点にして、まちづくりをしてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

田舎には都会にはない風情があり、とても魅力的です。田舎にしかない良さも多くあります。田舎でまちづくりをする際は、田舎の風情を活用したまちづくりをしてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

まちづくりの一環として、ワークショップを開催する際は、広報に工夫が必要です。広報次第では、ネガティブなワークショップになります。ポジティブな人が集まるワークショップにしましょう。

・・・つづきはこちら

地域ブランドとは、経済的に捉えたときの生活者が認識する様々な地域イメージの総体で、近年、開発が多く行われています。地域ブランドを活用してまちづくりをしてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

地域の特産品や名産品を活かしたまちづくりが自治体で積極的に行われています。現在は地産地消が注目されていることから、食による取り組みが高い効果を期待できるのです。

・・・つづきはこちら

まちづくりのためには、海外から訪れる外国人観光者に対する取り組みが欠かせません。特にホームページは観光の前に、誰もが確認するため、多言語に対応しておくと良いでしょう。

・・・つづきはこちら

これからの時代は多文化共生を目指すまちづくりが欠かせません。言葉や文化の面で外国人にサポートする必要がありますが、これによって異なる習慣に触れるチャンスがあるのです。

・・・つづきはこちら

聖地巡礼とは、漫画やアニメ、映画などのファンが、好きな作品にゆかりのある土地やロケ地を聖地と呼び、実際に訪れることです。聖地巡礼をまちづくりに活かして、多くの人を地域に呼びましょう。

・・・つづきはこちら

2008年に歴史まちづくり法が制定され、歴史的風致の維持や向上について市町村が作成した歴史的風致維持向上計画を国が支援します。歴史まちづくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

全国各地で空き家の活用や再生を軸とした、まちづくりプロジェクトが動き出しています。まちづくりプロジェクトの活動はそれぞれ異なりますが、目的を持って再生を進めていくことが大切です。

・・・つづきはこちら

まちづくりを進める中で、移住支援を行っている自治体があります。これは、自治体に移住してきてくれる人に対して助成金を出すなどの優遇を行い、移住者を増やそうという目的のものです。

・・・つづきはこちら

まちづくりにおいて、子育て支援は非常に重要なポイントです。まちづくりの一環として子育て支援を行い、子どもを育てやすい環境を保護者に提供することで、住居者を増やすことが可能です。

・・・つづきはこちら

まちづくりの手段の一つに地産地消というものがあります。これは、地域で生産したものを地域で消費するということです。まちの事業を活発化させるという側面も有り、非常に効果的な手段です。

・・・つづきはこちら

生産緑地法の改正の影響は大きく、農業を推進するまちづくりをしやすくなる理由になります。新たに都市農業ビジネスを展開していけるのをアピールする必要があるといえるでしょう。

・・・つづきはこちら

災害対策が万全であるのが人口減少を防ぎ、さらには新しい人が定住したいと思える理由になります。まちづくりをしていくにあたって、産業はもちろん、災害対策も無視できない要素です。

・・・つづきはこちら

住民参加型の活気あるまちづくりを行うためには若い世代が必要です。若い世代に受け入れられるためには、環境と教育と子育ての3つの要素を重点的に考え、取り組んでいかないといけません。

・・・つづきはこちら