hitomachi_icon わが社の集落支援のとりくみ

中山間地域とは、一般には山間の傾斜の多い場所のことをさします。
山地の多い日本は、中山間地域だらけで、その多くは人口が減少し少子高齢化が進んでいます。
日本では中山間地に限らず日本のほとんどの地域や自治体で、人口減少・少子高齢化が進行しています。

わが社では、
中山間の小規模な集落におじゃまして、
●集落で起きている問題や不安などについてお聞きすること
●集落内にある地域資源を地元の皆さんと発掘すること
などのお手伝いを続けています。

そして、地域の皆さんの元気とやる気を育て、
集落の皆さんがその気になれば、
●地域づくりワークショップの開催のお手伝いをしたり、
●集落を元気にするためのアイデアを出し、実現の方策を考えたり、
●地元産品を使った商品開発やその販売ルート開拓のお手伝いをする
などの活動を継続的に行っています。

こちらのページでは、わが社の集落支援の取組みをご紹介します。

中山間地域は、傾斜の多い場所のため農業に適した地域でもなく、少子化と高齢化で人口は減少し生産性も落ちています。
こういった地域再生のためのアイデアとお手伝いをさせていただいています。

・・・つづきはこちら

養父市大屋町筏地区では、
「いかだげんきかい」という話し合いの場を持ったり、月に一回の実費のみで集う「村カフェ」をオープンしたり、特産品のゆずを利用した商品開発などを進めています。

・・・つづきはこちら