hitomachi_icon 高齢者が暮らしやすいまちづくり

高齢化社会について

先進国を中心に高齢化が進んでいますが、その中でも日本は高齢化社会に対する取り組みが急務だと言われています。
高齢者が健康に安心して暮らすことができるまちづくりが求められているのです。
高齢者になると身体が思うように動かなくなり、外出が減ってしまうことも多いでしょう。
しかし、外出が減ると、高齢者の健康維持に影響を及ぼす恐れがあります。
外出をせずに自宅ばかりにいると単調な生活になってしまい、認知症やうつ病などの発症を高めるリスクがあると言われているのです。
そのため、高齢者が暮らしやすいまちづくりをする必要があるのではないでしょうか。
高齢者が暮らしやすいまちは、子どもなど様々な人にとっても、暮らしやすいまちになるでしょう。
高齢者が暮らしやすいまちづくりとは、どのようなものなのか知ることが大切です。

高齢化社会について

暮らしやすいまちとは

まちづくりに取り組もうと考える際には、高齢者にとって暮らしやすいまちづくりを検討してみてはいかがでしょうか。
まず、高齢者が暮らしている地域の現状を知ることから始めましょう。
地域の問題は、公共交通機関が不便だったり、スーパーが撤退、元々店舗が少なかったりなど、買い物ができる環境が整えられていないことが挙げられます。
他にも、気軽に出かける場所がない、使いにくいこともあるでしょう。
さらには、高齢者が歩きにくい、防犯や交通安全に不安を覚える環境も暮らしやすいまちとは言えないです。
そのため、買い物ができる環境をつくり、高齢者が過ごしやすい居場所、身近な道路や公園を維持するなどの取り組みが大切になります。
そのような取り組みをすることによって、高齢者の外出頻度が向上し、バランスの良い食事を摂ることに繋がるのです。
そして、他者とのコミュニケーションを取るようになり、日々の楽しみも増え、地域に対する満足度の向上にも繋がるでしょう。
高齢者が安心して暮らすことができる環境づくりを意識して、まちづくりを取り組んでみてはいかがでしょうか。

暮らしやすいまちとは