hitomachi_icon 観光とまちづくりの関係について

観光を意識したまちづくり

まちづくりは、地域を新たに創造し、住民がいきいきと生活できる環境づくりを目指しています。
立地条件や資源などに恵まれず、経済的な発展が遅れている地域では観光を意識したまちづくりが求められているのです。
観光と言っても、短期的な観光を意識したまちづくりの取り組みでは、一時期的にしか観光客が増えず、観光資源の消耗や満足度の低下、住民の不利益などが問題として挙げられています。
そのため、まちづくりでは、持続的な発展が可能な観光地づくりが大切です。
長期的な観光地づくりは、観光資源を劣化させることなく、住民の満足を考え、観光客の満足を維持させることが必要になります。
まず、まちづくりでは、問題意識の共有が大切になるでしょう。
まちの存続に関わる危機に対する問題意識を共有することによって、地域住民の意識が変わります。

観光を意識したまちづくり

観光地づくりのために

観光を地域活性化に繋げ、まちづくりをしてみてはいかがでしょうか。
観光を意識したまちづくりでは、地域資源の発掘、再評価が求められています。
また、地域資源が観光として活用されていたとしても、観光客のニーズを満たしていないことがあるのです。
そして、観光客のニーズを満たしていても、観光客の滞在時間を伸ばし、消費額に繋がっていないケースもあるでしょう。
それでは観光によるまちづくりができているとは言えません。
さらに、観光を意識したまちづくりでは受け入れ体制の整備も重要です。
行政や事業者、地域住民との連携が必要になります。
他にも、その地域だけではなく、異なる地域との連携も大切で、情報発信の一元化や観光客が訪れたいと思うような地域の見せ方も観光地づくりでは欠かせません。
既存の観光客による体験談などの発信もプロモーションとして有効でしょう。
そのため、まちづくりを成功させるためには、短期的な観光地化ではなく、長期的に考える必要があります。
観光とまちづくりの関係を知り、まちづくりに取り組みましょう。

観光地づくりのために