hitomachi_icon 古民家を活用したまちづくりとは

古民家でまちづくりを

日本では人口減少に伴い、古民家が増加しています。
古民家の具体的な定義というのは決まっていませんが、古い日本の伝統的な建築工法で建てられた建物のことを指します。
国の文化財登録制度で登録できるものは、50年以上経った建物が対象です。
地域の歴史を物語る古民家は、大規模修繕によって地方の雇用機会の創出や観光客の集客に繋がる可能性があると言われています。
外国人旅行者向けの宿泊施設や文化体験施設などの活用に、古民家は期待が高まっているのです。
古民家であっても、国宝や重要文化財などの指定を受けた建築物は、様々な支援を受けており、保存されていますが、一級建築物の古民家は保存よりも放置されていることが多くあります。
また、地方だけではなく都市部でも再開発などによって、古民家が解体されているケースも増えているのが現状ではないでしょうか。
まちづくりでは、活用されていない古民家をリノベーションし、ブランド化をして古民家に付加価値をつけます。
そうすることによって、古民家の流通が促進され、保存や活用がされやすくなるでしょう。
地域資源の一つとして古民家を起点にして、まちづくりをしてみてはいかがでしょうか。

観光を意識したまちづくり

古民家の魅力を知る

古民家など昔ながらの日本の街並みは、外国人観光客から人気や関心が高く、集客を期待することができます。
また、古民家はカフェやギャラリーとしても人気があり、注目されていますが、商業用としてだけではなく、住居として人気があるのです。
古民家の元々のつくりを活用しながら、リノベーションによって現在のライフスタイルに合った住居に活用する事例も増えています。
何世代も使い込まれた柱や梁を活かし、趣のある雰囲気を古民家では楽しむことができるでしょう。
古民家を活用したまちづくりでは、古民家を地域資源として考え、地域一体化することが大切です。
古民家を通して、新たなコミュニティやビジネスを創出することができるのではないでしょうか。
観光地づくりのために