hitomachi_icon ワークショップを導入したまちづくり活動

まちづくりのためにワークショップを開催しよう

それぞれの町で、ワークショップを開催することもあるのではないでしょうか。
まちづくりの一環として、ワークショップを導入している町があります。
まちづくりの一つとしてワークショップを開催する際は、参加者の主体的参加を促しやすくなっています。
その理由は、ワークショップを開催する意図を事前に広報で知り、ワークショップの意図を理解して共感した人が、主体的に申し込んで参加することが多いためです。
ワークショップを企画する側も、ある程度、ワークショップを開催する意図を理解してくれているといった前提でワークショップを始められるため、とても充実した時間になります。
まちづくりのためのワークショップは、様々な目的がありますが、できるだけ幅広い年代、まちづくりを主体的にポジティブに考えてくれるような人に参加してもらいと考えるでしょう。
しかし、思い通りにいかないことも少なくありません。

まちづくりのためにワークショップを開催しよう

ワークショップを成功させるための広報

まちづくりのワークショップがうまくいかない場面とは、ワークショップの意図関係なく、自治体側に不満をぶつける目的として参加者が集まったときでしょう。
まちづくりに対して思いや考えが強すぎるが故に、自分の考えを押し付けてしまうことも少なくありません。
まちづくりに対して前向きに議論したい人もいますが、自分の考えを押し付けるような人が多くワークショップに集まると、全体のモチベーションが下がり、ワークショップが終わったあとに残るのは不満です。
一度、このようなワークショップを経験すると、企画側もネガティブな気持ちになります。
そのようなワークショップにならないようにするためには、広報面に工夫が必要です。
適切な広報ができていなければ、ネガティブなワークショップになる恐れがあります。
市報や区報に募集情報を載せるだけの簡素な広報は、どのような目的で、どのような人に来てもらいたいかがわかりません。
また、参加してもらいたい人には、個別に連絡しましょう。
まちづくりのためのワークショップを開催する際は、広報方法に工夫してみてください。

ワークショップを成功させるための広報