hitomachi_icon 多文化共生を目指すまちづくり

多文化共生を目指すまちづくり

現在は国際化が進んでおり、全国各地の都市で多くの外国人が生活しています。
そのため、どのような自治体でも多文化共生を目指すまちづくりが必要です。
異なる習慣を持つ外国人にとって、様々なハードルがありますが、代表的なものは言葉や制度、習慣などの部分があるでしょう。
国際的なまちづくりを考えている場合は、まず言葉の壁を排除するようにしてください。
英語の表示などを用意することで、外国人でも安心して日本で生活することができます。
そして、どのような国でも様々な制度がありますが、その制度は外国人にとってわかりにくいことが多いです。
これによって誤解が生まれてしまうケースもあるため、外国人にわかりやすく制度を知らせる必要があります。
さらに、異なる習慣の中で生活をする外国人は苦労することもあるため、その習慣を理解する必要があるのです。
海外の習慣を学ぶチャンスでもあるため、お互いの習慣を理解したまちづくりを心がけましょう。

多文化共生を目指すまちづくり

多文化共生によるメリット

多文化共生のまちづくりを目指すことは大変ですが、多文化共生には様々なメリットがあります。
外国人と生活をすることで、異なる習慣や文化に触れることができるため、視野を大きく広げることができるのです。
国際化が進んでいる現代だからこそ、多文化共生を目指すことが大切になります。
そして、自治体は外国人に対するサポートを用意する必要があるのです。
外国人は異なる習慣での生活はわからないことも多く、外国語に対応した相談窓口や通訳サポートを用意してみてはいかがでしょうか。
さらに、多言語に対応したラジオ放送も効果的です。
様々な自治体でコミュニティFMがあり、そういったラジオ局で放送しましょう。
また、どのような街でも災害のリスクがあるため、外国人向けの災害ガイドブックの作成も欠かせません。
これからの時代に合わせて、多文化共生を目指すまちづくりをしましょう。
多文化共生によるメリット