hitomachi_icon まちづくりにおける移住支援について

まちづくりにおける移住支援

まちづくりを進めるなかで、移住支援という方法があります。
人口減少に悩まされている自治体は多くあります。
自分たちの自治体へ移住者を増やすための支援を行なうことは、それに対するまちづくりの対策の一つと言えるでしょう。
移住支援の中の一つに住宅支援があります。
移住者が住むための空き家情報をホームページで紹介したり、対象地区への住宅所得に対して支援を行ったり、転入・転居した人がリフォームを行う際に支援を行ったり、移住者が対象地区で店舗を借りて創業・開業を行う際に家賃補助を行ったりという内容です。
住居に対して一部金銭補助を行う方法で支援を行っている自治体もあります。
人が住むにあたって、住居は必要不可欠です。
これに対して目に見える支援を行うことで、移住者は転居してくることが簡単になり、金銭的負担も軽くなるため、効果的と言えるでしょう。

まちづくりにおける移住支援

具体的なまちづくりの支援の内容

上記の通り、移住者の住居に対してまちづくりの支援を行う以外にも、様々な金銭援助によって支援を行う自治体があります。
具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
まず、医療費助成です。
自治体によっては18歳までの入院・通院費用を無料としているところもあります。
また、子どものいる家庭の移住は自治体の若返りにもなりますので、子どもに対する助成は非常に効果的です。
同様の理由でこれから子どもの出生が見込めるため、結婚に対する支援を行っている自治体もあります。
例えば、出生祝い金や妊婦健康診査費用の助成などの出産支援や、子どもやその保護者に対する相談窓口や情報提供、サークルやボランティアなどの実施のような子育て支援、就学祝い金や通学での定期に対する助成のような就学支援があります。
また、その自治体で起業・創業をする人がいれば、経済の活性化に繋がりますので、それに対する助成金を出している自治体もあります。
上記のように、助成金を出すなどして優遇したり、子供に対して助成金を出したりすることで子どもを増やしたりと、さまざまな移住支援が行われています。
具体的なまちづくりの支援の内容