hitomachi_icon まちづくりにおける子育て支援とは

まちづくりでの子育て

自治体でまちづくり活動を行う際、子育て支援は重要なものの一つです。
人口減少で困っている自治体は増えています。
高齢化が進む日本において、特に地方では子供の減少が深刻化しております。
まちづくりの一環として子育て支援を行い、子どもを育てやすい環境を保護者に提供することで、住居者を増やすことが可能です。
具体的な子育て支援の内容としては、子どもの出生祝い金や、定期検診などに対する医療費の助成金などの金銭的な援助があります。
家庭の金銭的負担を減らすことによって、子どものいる家庭がより良い生活を送ることができます。
また、保育園のような働く保護者を助けるような施設や、子育て支援のサークル、ボランティアによる情報提供の場を設けるなどの支援方法もあります。
子どもを育てる上で、地域ぐるみで情報を提供したり、手助けをするような仕組みを作ったりすることで、子どものいる家庭が生活しやすい環境を作ることができます。

まちづくりでの子育て

まちづくりに取り組む自治体の満足度

実際にまちづくり政策として子育て支援を行うにあたって、どのような自治体を作れば、住民の子育てにたいする満足度が高いものとなるのでしょうか。
実際にとったアンケートの結果、子育てにおいてまちづくりの強みになっている共通点があります。
共通した強みとしてあるのが、防犯対策が整っている、歩道などの交通安全に配慮した道路が整備されている、子どもや若者が多い、街のイメージが良いというものでした。
また、地域コミュニケーションが充実している、公園が多い、図書館や公民館などの文化施設が多いという強みを持っている自治体が子育てランキング上位に来ています。
これらは自治体の環境や施設などに関するものですが、その他に、モノによる支援や、金銭的な面による支援です。
児童福祉費や教育費などに対する助成金がある地域や、幼稚園や保育所などの幼児施設のキャパシティが大きい地域がランキング上位にあります。
上記のように、多方面から支援を行うことで、子育て支援は効果的なものになるでしょう。
まちづくりに取り組む自治体の満足度