hitomachi_icon まちづくりにおける地産地消

地産地消とは

地産地消という言葉がよく聞かれるようになっています。
地産地消とは「地域生産・地域消費」の略語で、地域で生産されたものをその地域で消費するというのがもともとの意味です。
最近のまちづくりにおいてはその消費しようとする活動を通じて、農業者と消費者を結びつけるという取り組みとなっています。
これによって、消費者が生産者の名前や顔を確認したり、話をしたりすることができる環境となるため、より近い関係を築くことができます。
地域の農業や関連産業の活性化を図ることが期待されます。
また、消費者と産地の物理的距離の短さは、両者の心理的な距離の短さにもつながります。
そのため、地上農産物への愛着心や安心感を深める効果があるでしょう。
このように、まちづくりにおいて地産地消の取り組みを進めることで、地域の関連産業を活性化させることができます。

地産地消とは

具体的な地産地消の内容

実際にまちづくりにおいて、地産地消を取り入れている自治体はどのような取り組みを行っているのでしょうか。
まず、食品関連です。
気候や自然に恵まれていて、農作物や水産物などを強みに持つ自治体にで取り組まれています。
市民や事業者が地域の農水産物を活用しやすい環境を整備し、生産物の直売店や、学校給食、飲食店等において地域で生産したものを取り入れることを促進しています。
このように、自治体の整備により、地域での農産物を地元の事業者などに使ってもらいやすくすることで、地産地消の取り組みを進めていくことができ、その結果として、消費者である市民の満足度を高めるとともに経済の発展を見込むことができます。
次に、農林業が盛んな自治体では、地元でとることができる材木を使って地域の施設を作ったり、それを利用した商品を開発したりしています。
このように、地産地消を進めることで、まちづくりを促進することができます。
具体的な地産地消の内容