hitomachi_icon 災害から学んだまちづくりとは

災害とまちづくり

津波や地震などの災害はいつどこで起こるか分かりません。
その地域で安心して生活を送るためには、災害対策が必須です。
特に人口減少が懸念される地方にとってゆゆしき問題といえるでしょう。
災害を恐れてその地域に住まないという選択をする人がいてもおかしくはありません。
まちづくりをするにあたって、災害対策に力を入れるのは非常に重要になります。
津波や地震、水害などの災害が起こったときに逃げ場がないのでは、その地域に住む人は不安を覚えるのは当然といえるでしょう。
災害対策をするにあたって重要になるのが避難計画を具体化し、避難設備を整えることです。
実際に災害が起こったときに避難ができるという確信を客観的に得られるかどうかが大切であり、すべてを想定外としてはいけません。
その地域における課題をあぶりだすとともに、避難計画を具体化して避難経路を確保するといったインフラ整備をしていくのが大切です。

災害とまちづくり

実際に災害対策をしている街の例

自然災害は、人間が生活する以上、完全に防ぐことができません。
過去の災害や地域性を考え、地域で条例を作り、災害を防ぐように取り組んでいる例は日本では少なくありません。
その例の一つとして、北海道室蘭市では「がけ条例」を作り、災害に備えています。
具体的な例としては、室蘭市は急勾配の斜面に家を建築した過去がありますが、土砂崩れにより、家が倒壊し、過去に犠牲者や事故を出したことがありました。
そのため、室蘭市が条例を制定し、安全性を確保した上で現在でも、住宅地として家を建てられる地域を指定しています。
また、がけが崩れる可能性がある急勾配の斜面には、市で安全確保のネットなどの工事を行っています。
大規模な災害によって多くの人の命が亡くなっているからこそ、当然ながら安心して生活を送れる地域に住みたいと思うものです。
室蘭市では人口減少、過疎化が続いている街ですが、安全性の確保や地域密着の文化は今も変わらず地域住民を支える基盤となっています。
災害対策が万全であるかどうかが必ずしも人口減少を食い止める理由になるかは分からないものの、少なくとも安心して生活を送れるかどうかの理由にはなります。

実際に災害対策をしている街の例