hitomachi_icon 住民参加型の活気あるまちづくりとは

若い世代が選ぶための3つの要素

住民参加型の活気あるまちづくりをするにあたって欠かせない存在となるのは若い世代です。
どのようなまちづくりをしていくにしても、若い世代が多くなるのは活性化につながります。
若い世代に選んでもらうためのまちづくりの3つの要素は環境と教育と子育てです。
例えば、ごみの分別の徹底や風力・水力発電に取り組むなどして環境を整え、環境事業で収益を上げる等で町の経済的な負担は軽減されます。
その結果、教育や子育てにも力を入れることが可能となります。 
教育に関しても子育て支援をしていく意味は大きく、その地域全体で力を入れることが重要です。
例えば、学童保育の充実や、教育施設の耐震強化、子供の医療費の軽減などを導入することは大きな意味があるでしょう。
また、子育てをしていくにあたっても共働き世帯のサポートをしていけるか、年齢を重ねていくにあたっての環境は整っているかなどの問題をクリアできるかが大事になります。
若い世代が積極的にまちづくりに参加し、行政が支援していくかたちが好循環につながっていきます。

若い世代が選ぶための3つの要素

行政に任せっきりにしない姿勢

住民参加型の活気あるまちづくりをするためには、行政に任せっきりにしない姿勢が大切になります。
多くの住民が参加できるイベントを起こす場合、地域住民と行政が一体となって取り組まないといけません。
行政に任せっきりにしない姿勢を持つことが成功につながるのは間違いありません。
仮に失敗したとしても、地域住民が一体となって楽しめることが大切です。
若い世代がまちづくりを行うためのキーマンとなるため、選ばれるだけの理由を持ち合わせていないといけません。
環境を重視して住民がまちの活性化に取り組むのに積極的であるのが望ましいです。
住民と行政が一体となるためには、そのときどきで起こる問題に対してどうアプローチするのかを人任せにしないことが大切になります。
若い世代が活き活きと生活をしている姿こそが、その地域のイメージアップにつながっていきます。
環境と教育と子育てを重点的に考え、若い世代が受け入れられるだけの理由があるのが望ましいです。

行政に任せっきりにしない姿勢