hitomachi_icon 丸味地区_特産品開発にむけて動き出しました

兵庫県美方郡香美町丸味地区。

兵庫県の小規模集落元気作戦の会合が、4月11日(木)19時より開かれました。
小規模集落元気作戦の事業は3年間。この平成25年度で最後の年となります。

会合の様子です

この日は、新しい年度となって、兵庫県さん、香美町の担当の方が変わられるとのことで、役所からたくさんの人が会合に来られました。
また、福田楓さんも、4月から香美町さんから、地域おこし協力隊として雇用されることとなり、その報告もありました。

丸味地区では、山菜を使った特産品開発に取り組もうことで会合を重ねています。
竹の子混ぜご飯のもとや、みょうがの酢漬け、きゃらぶき などが候補にあがっています。
どれも、丸味の家庭では普通につくられているもの。
やはり、地元にある素材をつかって、地元の味付けをして商品化することが重要です。

竹の子は、採れる年、採れない年があるそうで、今年はどうやら採れない年だそうです。
竹の子がでるのは、ゴールデンウィークの後だそう。
今年はどうなることやら…といっていたら、
「ワラビはうまい!ワラビでなにかしよう」というアイディアがだされました。

ワラビは、丸味にたくさん生えるそう。
ワラビを摘んで、1日以内くらいに茹でて、乾燥し、揉んで、また乾燥させて保存しておけば、あとから水に戻していくらでも加工できるとのことです。

というわけで、4月25日(木)9時半に丸味地区の公民館に集合して、みんなでワラビ摘み&ワラビ茹でをすることになりました。

昨年、私は筏地区でワラビ摘みをして、あまりの楽しさに、ワラビを摘みまくった記憶があります。
今年も摘みまくりますよ!

会合が終わってから、ご家庭の畑で採れた、ネギとたらの芽をいただきました。ありがとうございます。
たらの芽、ほんとにおっきかったです!

いただいたたらの芽。おっきい!

たらの芽は、やっぱり天ぷらが最高!と区長さんが教えてくれたので天ぷらにしてみました。

たらの芽最高!

やわらかい。茎のほうが少し苦みがあって、それがまたおいしかったです。

ワラビ摘みには、丸味地区のみなさんに参加してもらえるといいなと思っています。

こば